建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
用語解説

「ゆ」から始まる用語一覧

 
  • 遊間(ゆうかん) 軌条が温度の上下により伸縮する。この伸縮を自由にするために軌条接手に適当な間隔をおく。この空間をいう。
  • 遊水池 河道だけで洪水処理に対応するには限界があるため、洪水流のピークカットを目的に河道に沿った適地に洪水を一時遊水させる機能を持たせたものをいう。堤防の一部を低くし越流堤として調節池内に洪水を導き、越流部分は流れの作用で壊れないように表面をコンクリート張りで覆うなど頑丈な構造としている。本県の利根川本川については、左岸側に水海道市・守谷市・野田市にまたがる菅生調節池と守谷市・取手市にまたがる稲戸井調節池および右岸側千葉県柏市・我孫子市にまたがる田中調節池とを合わせて本川および鬼怒川の流量のうち毎秒5,000m2を調節する計画である。稲戸井調節池については、利水機能を持たせた総合開発事業の計画が進められていたが、現在は治水機能だけに限定して事業が進められている。
  • ユーティリティー 建物内でサービス関係の設備を有する部分を指す。例えば、住宅では、洗濯機、食品貯蔵設備、収納棚等が集中する家事作業の中心部分をいう。
  • 優良田園住宅建設促進法 平成10年4月17日公布、7月15日施行の法律で、従来一定の条件下を除いて建築の不可能であった市街化調整区域内において、自然遊住型のゆとりと潤いのある田園型住宅の建設を可能とするもので、敷地面積300m2以上、3階建て以下、建ぺい率30%以下、容積率50%以下の条件で広い庭には農園も可能となる。立地市町村が基本方針を作成し、建設者が建設計画を市町村に提出することによって市町村が認定して建設が進められる。優良田園住宅により、運動、通学、買物などの利便性を享受しながら田園環境を楽しむ生活(田園通勤型)、地元住民と連携しながら田園環境のなかで生きがいを求める生活(Uターン型・定年帰農型)、自然と共生しながら自己実現と生きがいを求める生活(自然回帰型、地球環境型)などが可能となる。
  • ユニオン 吸水、給湯などの配管部に用いられる、取付け取外しが簡単な継ぎ手。
  • ユニオンメルト溶接法(ユニオンメルトようせつほう) 自動アーク溶接法のことで、接手上に散布された粒状の溶材中で母材と心線間にアークが発生して、そのアーク熱のために溶材心線母材が溶けて溶接される。
  • ユニットプライス型積算方式 ①発注者と受注者(元請企業)間の契約が基本②工種単位で労務費、材料費、機械経費、および諸経費込みの取引価格(合意単価)を使用③同一工種の実績のデータ(合意単価)を蓄積・分析して、積算に使用④現状では、全ての工種でユニットプライスを設定することは困難であるため、見積方式もしくは現行の積算基準を併用⑤ユニットプライスの動向を監視し、妥当性の検証を行い、必要に応じて補正するシステムを導入する予定。
  • 指さし喚呼運動(ゆびさしかんこうんどう) 作業場で安全を確認するために行う動作で、決められた手順に従って、作業服装や危険箇所などを指を差しながら、大きな声で確認する運動。朝礼など大勢が集まったときに一斉に行うことが多い。
ページトップ