建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
用語解説

「ら」から始まる用語一覧

 
  • ラーメン構造(ラーメンこうぞう) 部材と部材の接合点(節点)がしっかりと固定されている骨組構造。
  • 雷管(らいかん) 爆薬本体を起爆させるために、高熱と衝撃を与えるもの。
  • ライザー管(ライザーかん) 海底管両端の立上りの管をいう。
  • ライト・レール・トランジット 軽快電車、スーパー市電と呼ばれる高速化・高出力化された新型の路面電車。自動車・バスにくらべて環境負荷を軽減できる都市交通機関で、地下鉄とバスの中間的な新しい都市交通システム。20年ほど前から欧州で導入が相次ぎ、高速に優れ、輸送力も地下鉄とバスの中間。低騒音、低振動で無公害であり低床のため高齢者や障害者も楽に乗り降りが可能。広島市では、市内は低速で、郊外では高速運転する3両編成のLRTが運行されている。
  • ライフサイクル 製品寿命のこと。
  • ライフサイクル・アセスメント ライフサイクルインパクト評価ともいわれ、資源採取から製品の生産・製造段階、輸送過程・建設の段階、使用段階、最後に解体廃棄の段階に至るライフサイクルにおいて、投入資源あるいは排出物による環境負荷、自然環境へのライフサイクルインパクトの影響等を定量的、客観的に評価する手法。その方法には、LCCO2(ライフサイクルにおけるCO2排出量)、LCW(Life Cycle Waste:ライフサイクルにおける廃棄物発生量)などの評価手法がある。ライフサイクルインパクト:ある事業や製品・構造物の生涯にわたる二酸化炭素排出量、材料使用量、エネルギー使用量、毒性、資源枯温など環境に影響を与える要素を指す。
  • ライフサイクルコスト 構造物の計画、設計から建設、維持・管理、解体撤去、廃棄にいたる費用のこと。土木構造物などにおいて、建設コストだけでなく企画・設計・施工・維持管理・解体撤去・廃棄・更新に至るまでの一連の費用の総額を指す。安く建設して維持管理に費用がかかることのないよう事前に十分トータルコストを検討することが必要となる。幾つかの条件を仮定してLCC(=初期コスト+維持管理コスト+更新コスト)を算出することにより一層経済的で効率的な資材や工法の選択が可能となる。ここで維持管理のグレードとは、機能レベルの低下速度を遅らせるための行為、補修とは低下した機能を竣工時点まで回復させる行為、改修とは竣工時点の性能を上回る機能を付加する行為とされている。耐用年数を越えたものやさらにグレードアップが必要な場合には改築となる。
  • 螺釘(らくぎ) 枕木に捻じ込み、レールを取り付ける螺旋釘、すなわちスクリュースパイキをいう。
  • ラス張り(ラスばり) ラスとは、塗壁下地に用いる金属製網。メタルラス、リブラス、ワイヤラスなどがあり、壁塗り前にこれを張る。
  • らっきょ 鉄筋コンクリートの梁の肋筋(あばらきん)を加工組立てするときに、閉鎖型にしないで上辺を開放型にして、あとから冠筋をかぶせて結束する方法。
  • ラッパ アンカーボールトを埋め込むとき、修正穴を造るために使うジョウゴ型の枠。
  • ラバーダム 取水期にのみゴム製のエアーチューブに空気や水を注入して堰き止める形式のもの。非灌漑期や洪水時には空気や水を抜いてしぼませ、流水を阻害することがない。比較的構造が簡単なことと価格が安く耐久性にも優れていることから県内でも中小河川で採用例が多い。
  • ラブ・リバー制度 地域住民がボランティア活動として河川の清掃や除草・草刈りを行うとき、河川敷を植栽や花壇としての利用に開放することにより河川への親しみや理解を深めてもらい、良好な水辺空間の形成をはかろうとするもの。県内では、五霞町(利根川)、藤代町(小貝川)が認定を受け、桜づつみ、緩傾斜堤防、階段護岸の整備支援を実施するなどして、より地域と一体となった川づくりを展開している。
  • ラムサール条約 昭和46年(1971)に採択された「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」のことで122か国が締結、渡り鳥などの多い水鳥の生息地として国際的に重要な湿地を各国が登録して、その保全と賢明な利用を図ることを目的としている。国内では、釧路湿原、クッチャロ湖などが登録され、本県の霞ヶ浦を登録しようとする動きもある。
  • 乱尺(らんじゃく) 材料などの長さのそろっていないこと。
  • ランマー 機関の爆発による衝撃によって土を締め固める機械である。建物や構造物の基礎など狭い面積の締め固めができるのが特徴である。
  • 乱巻き(らんまき) ウインチ・ドラムに巻き込まれているワイヤーが整然と巻かれていない状態。
ページトップ