建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
用語解説

「わ」から始まる用語一覧

 
  • ワークフロー グループウェアーを使って書類の決裁を行うこと。庁内(社内)の決裁順序に従い、ネットワーク上で書類が担当者に回覧される。電子印鑑ソフトなどを併用することもある。
  • ワゴンドリル 長孔掘削(5~10m)の穴の深さを必要とする場合に用いるせん孔器械のこと。ドリフターを車輪つきのU字台枠にのせたもので、垂直せん孔や、岸壁面に接近してせん孔ができる。
  • わらう 仕口継手にすきまができること。
  • 割石(わりいし) 大玉石を割って作った石材で、前面ほぼ平で控長30cm内外のもの。
  • 割落し(わりおとし) I型桁などの小桁の架設方法で、全径間に軌条を渡し、その上にトロリーに積んだ桁をジャッキに受けて軌条桁を抜き、所定の位置に架渡す簡単な方法。
  • 割付け(わりつけ) 丁場を定めて、この仕事を各職長なり、監督者なりに割り当てること。
  • ワンド 関西系の言葉で湾洞または湾処の字が当てられる。河川などの屈曲の凹部の澱んでいる深みのことで、生態系から見た水生生物などは、浅瀬や深場など流れに変化がある方が生物相が豊かになる。浅瀬の底石には藻類が育ち、水生昆虫も豊富で魚の給餌場となり、ワンドの淵は魚の隠れ家や休息の場所となるため、河川改修においては単調な河川形状とせず低水敷きの流路に工夫を加えて人口の瀬やワンドを取り入れる例が多くなっている。
  • ワンストップサービス化 各種の行政手続の案内、受付、交付などのサービスを1ヶ所あるいは1回の手続で提供すること。
  • ワンバッチ コンクリート1回練りのこと。ただし、バッチミキサーで練った場合のことで、手練りのときは一練りという。
ページトップ