建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
用語解説

「P」から始まる用語一覧

 
  • PC鋼線(ピーシーこうせん) プレストレスト・コンクリートにおいて、プレストレスを与えるために用いるピアノ線、またはその他の高強度の鋼線のこと。
  • PDF形式:PortableDocumentFormat インターネット上での文書配信に多用されるファイル形式。アドビシステムズ社の無料ソフト「AcrobatReader」を使えば書類を元のレイアウト状態で閲覧・印刷ができる。国土交通省が2001年4月から運用を始めた「土木業務等の電子納品要領(案)」の中で、報告書ファイルがPDF形式での提出が義務づけられる。また、土木学会の年次学術講演会の原稿も2000年度からPDFファイルの提出が可能になっている。
  • PFI:Private Finance Initiative 公共施設の設計、建設、維持管理及び運営に至る公共サービスを民間の資金とノウハウを活用して行うこと。'92年にイギリスが導入。日本では、'99年7月にPFI法が成立、同年9月から施行。'00年3月には、同法の規定に基づく「民間資金の活用による公共施設等の整備等に関する事業の実施に関する基本方針」公布
    公共の建物や道路など公共部門が実施していた社会資本整備を民間事業者の主導で資金やノウハウを導入する手法で、採算性の良い事業であれば委託を受けた民間事業者が利益を得ることができる一方、国や地方自治体は財政負担を抑制する効果が期待できる。イギリスで保守党メージャー政権化の1992年に公共事業の効率化を目指して導入され、主に入札で民間に建設・運営を委託している。イギリスでは公共施設でのサービスなど幅広い分野で適用されているが、日本ではハード面の整備に偏る懸念があり効果が限定されるとの指摘もある。
  • PI:Public Involvement 各種施設の整備計画の策定にあたり、住民等関係者の意見を聴取し計画に反映させる、合意形成手法
  • PIP工法(ピーアイピーこうほう) 場所打柱列杭の代表的名称である。φ300㎜~φ600㎜程度の柱列モルタル杭のこと。中空のオーガーシャフトにて掘削しオーガーの中軸よりモルタルを圧入しながらオーガーの引抜きを行なう。オーガーの先端の高さとモルタル量の調整を十分行い、モルタルと土砂を置換する。鉄筋体又はI型鋼、H型鋼を挿入する無騒音無振動工法のこと。
  • PM:Project Management プロジェクト推進における全体の管理
    CM(ConstructionManagement)にくらべてマネジメントする範囲が広く、CMが主に個別の工事を対象とするのに対し事業全体を対象にしている。海外ではCM同様民間企業に外注することもある。国土交通省が使っているPMはISO10006に規定されているものに近く自らのマネジメントに重点を置いている。
  • PRTR法:PollutantReleaseandTransferRegister 工場・事業場において、事業活動に伴って発生する化学物質が環境に排出される量や廃棄物としての移動量を把握し、その結果を行政に報告し、行政が情報公開する制度で、化学物質の排出抑制と適正な管理を行うことを目的としている。1999年7月に公布2001年4月から1年間の排出量・移動量を把握し、2002年4月以降に都道府県を経由して国に届けることになっている。下水処理場も対象事業場となっている。
  • PSコンクリート(ピーエスコンクリート) プレストレストコンクリートの略。ピアノ線や特殊鋼棒により、あらかじめ荷重とは反対方向に圧縮応力を加えてある鉄筋コンクリート。荷重がかかった際に起こる応力を打ち消すので、引っ張り強度が高められる。
  • PSC:Public Sector Comparator 公共サイドのコストモデル。PFI提案の可否の判断材料となる。従来の公共事業手法により、契約期間全体を通じて発生する全てのコストを積算したもので、提案されたPFI事業が従来型に比べ、よりよいVfMが得られるか否かの評価を行う際に使用される。建設コスト+運営コスト+リスク調整 PFI事業において「公共部門比較値」と訳され、従来の手法で公共部門が必要とする公共事業としてのサービスを実施するために負担しなければならない費用と、各種のリスクを勘案したPFIプロジェクトで進める場合の費用とを比較するために使用される数値のこと。
ページトップ