建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
用語解説

「R」から始まる用語一覧

 
  • R 曲線の半径(radiusの略)
  • RC 鉄筋コンクリートの略。鉄筋を組合せ、その周りにコンクリートを打ち込んだ構造のこと。圧力に強いコンクリートと張力に強い鉄筋との特徴を生かして、建造物の耐久性・耐火性・耐震性を強化し、鉄筋の錆を防ぐ。
  • RCCM:Registered Civil Engineering Consulting Manager シビル・コンサルティング・マネージャーの略称。建設コンサルタント業務において必要とされる「管理技術者」として、技術管理者または技術士の指導のもとで、業務に関する技術上の事項を処理または業務成果の照査にあたる技術者のこと。RCCM資格制度は、平成3年度に創設された民間資格であり、(社)建設コンサルタンツ協会が実施している。
  • RCD工法:Roller Compacted Dam Concrete ダムのマッシブなコンクリート打設において、ケーブルクレーンによるバケット打設によらず、ダンプで運搬しブルドーザーで敷き均し後、振動ローラーにより締め固めを行う超固練りのコンクリートを使用する工法。施行性が非常に良くなるとともに水和熱が押さえられるためクーリング設備が要らなくなる。本県で最大規模となる大北川総合開発事業の小山ダムで採用され平成12年度から打設が開始されている。
  • RDF:RefuseDerivedFuel RDFは、ごみ固形化燃料のことで一般廃棄物を破砕し、石灰を混合して高温・高圧で圧縮して固形化したもの。石灰と同程度の5,000Kcal/㎏の熱量を持つ燃焼材として発電や蒸気の製造に利用する。ダイオキシン対策と資源の再利用の観点から注目され、平成10年12月神栖町に県・1市2町・78企業の出資による第3セクターの「鹿島共同再資源化センター株式会社」(神栖町東和田)が設立され、平成13年4月から稼働を開始した広域鹿嶋RDFセンター(鹿嶋市平井)と平成14年4月に稼動を開始した広域波崎RDFセンター(波崎町豊ヶ浜)からのRDFを受け入れ、鹿島臨海工業地帯に立地する78社からの産業廃棄物の助燃剤として利用し、売電を行っている。
  • RLCC:Remaining Life Cycle Cost 既設構造物に対する補修・補強を考える場合のLCCは、建設費などの初期コストを含めないで、現時点以降の残存供用期間に発生すると予想されるトータルコストについて評価を加え、補修・補強工法を決定する方法。
  • RO-RO船:loleonroleoffship 荷物を積載した車(シャーシー部分)をそのまま載せて海上輸送できる船を指し、目的地に近い港まで運ぶ。モーダルシフトの一環。日立港、常陸那珂港で内貿外貿の定期RORO航路が開設されている。
ページトップ