建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
用語解説

「G」から始まる用語一覧

 
  • GIS:GeographicInformationSystem 「地図情報システム」と呼ばれ、従来の印刷された紙地図を電子地図化し、これと統計などの各種情報を図形データ化したものと重ね合わせてコンピューターの画面上に表示するシステム。既存の情報を地図上で解析・表示することで地図情報から高速で情報を取り出し、多面的な視点から意志決定を支援することができる。すなわち、地理的位置や空間に関する自然・社会・経済等の各種データをデジタル化された図形状に配置し、統合的に処理、管理、分析するコンピューター情報処理体系で、さまざまな情報を付加して表示利用することができる。従来は手作業で行っていた複雑な業務を効率的に処理することが可能となり、住宅地図、地下埋設物、各種管理台帳をはじめ災害予測、環境影響評価など幅広い利用が期待されており、県内でも平成13年7月、茨城県測量設計業協同組合に「いばらきGISセンター」が設立され、営業活動を行っている。
    地理情報システム。地図を作成するために必要な自然条件の情報(高度、形状等)と土地利用・人口等の情報を蓄積することにより、膨大な情報の中から必要な情報を素早く検索したり、面積や最短経路を計算したり、統計処理を行うことができる。ガス管・上下水道・道路等のインフラ整備や国土利用の統計等に高価が期待されている。CALS/ECの推進にリンク
ページトップ