建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者民間工事情報
見出し施工者選定へ/つくばに店舗兼テナント/ジーティーシー菊地  
掲載 2013年5月24日日本工業経済新聞(茨城版)  
本文

 米穀集荷などを手がける㈱ジーティーシー菊地(下妻市赤津522)は、つくばエクスプレス「研究学園平駅」周辺(つくば市)に、自社用店舗兼テナントの建設を予定している。これから施工業者の選定作業に入り、7月末にも着工されるもようだ。建物は一括借り上げになる可能性もある。11月ごろ整備完了を目指す。
 建物の建設予定地は、葛城地区D44街区②、③の2区画で、合計した面積が1652・52㎡。建ぺい率60%、容積率200%の第一種住居地域。昨年、県企画部つくば地域振興課が公募していた土地で、ジーティーシー菊地が1億7500万1000円で落札した。
 同社では、この場所にS造3階建て延床面積907㎡、建築面積330㎡での自社用店舗兼テナントの建設を見込む。
 テナント募集を含め、コンサルタントを㈱測研茨城(下妻市)が担当。6月ごろにはテナントとの契約がまとまるもよう。その中で、建物は一括借り上げになる話が出ている。
 今後、建築確認申請を進めるとともに、本体施工に向けた業者選定を進める。早ければ7月末から着工予定。その後、約3カ月で建設し、11月ごろの完了を見込んでいる。
 ジーティーシー菊地は、米穀の集荷や卸、小売り販売のほか、コイン精米機などの経営、不動産賃貸などを行っている。資本金1000万円。

ページトップ