建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


それぞれの生い立ち(下)(本・MM) 2002/10/31
 2002.10.02 【それぞれの生い立ち(下)】
 ▼産経新聞に寄せられた投稿である。石川県七尾市の美術館に展示されていた詩に、女子高校生た
ちが感動して涙を流したというもの。「美術館なんて趣味に合わないし、書道なんてつまらない」と
いう女子高校生の一団の言葉に、美術館でボランティア監視員をしていた投稿者のTさんは「あそこ
にお母さんのことを書いた詩があるの。お願いだからあの作品だけは読んでいって」
 ▼その詩は、書道家であり地元、願正寺の住職Mさんが、2年ほど前に『ごめんなさいね おかあ
さん』の詩に感動して筆をとり、出品したものだった。生まれたときから母に抱かれ背負われてきた
重度の脳性マヒの少年が、世間の目を払いのけて育ててくださった、強いお母さんへの感謝の気持ち
を綴った詩であった
 ▼前編「ごめんなさいねおかあさん/ぼくが生まれてごめんなさい/ぼくを背負うかあさんの/細
いうなじにぼくはいう/ぼくさえ生まれなかったら/かあさんのしらがもなかったろうね/大きくな
ったこのぼくを/背負って歩く悲しさも/「かたわな子だね」とふりかえる/つめたい視線に泣くこ
とも/ぼくさえ生まれなかったら」
 ▼鑑賞した女子高校生全員が泣き出した。作者は、担任の先生と二人三脚で、「表現したいことが
一致すれば目をギュッとつぶり、違ったら舌を出してノーのサインを送る手法」で2か月かかって仕
上げた後、15歳の誕生日を迎えてなくなった。先生とお会いできたことで、『生の証』としての作品
が誕生した
 ▼土屋康文さんのこの詩集は『お母さん、僕が生まれてごめんなさい』と題し扶桑社から復刊、発
売されている。「優しさこそが大切で悲しさこそが美しい そんな生き方を教えてくれたおかあさん
」(本・MM)
ページトップ