建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


空港都市国家シンガポール 2002/11/30
 2002.11.30 【空港都市国家シンガポール】
 ▼マレー半島の最南端に位置するシンガポールは面積約647、人口約400万人の小さな国だ。
広さは東京23区程度、人口は茨城県より少し多い。旅行案内書などでは「燃えるような南十字星の輝
きとエキゾチックな街並み」といった表現で、若者にも人気の国だが、これからの世界の動向を見る
とき、決して見落とせない国のひとつである
 ▼美しいのは南十字星だけではない。「東洋の十字路」と呼ばれるようにアジアの各国はもちろん
、欧米からもビジネスや観光などで訪れる人が非常に多く、東洋文明と西洋文明が出会う場所でもあ
る。同国の活気を支えるのがチャンギ空港である
 ▼東南アジアの基幹空港と言われるチャンギ空港は年間利用者数約2、800万人で、成田新東京
国際空港の利用者数にほぼ匹敵する。しかし、成田空港より優れているのは目的地までの距離の短さ
と空港施設の充実度。「世界のトップレベルの空港」という折り紙付だが、同国政府は2006年の
供用開始を目指し、第3ターミナルの建設を進めている
 ▼2020年までの航空需要にも耐えられる先行投資といわれ、同国の空港都市国家として主導権
を握ろうとする情熱が垣間見える。大国とか小国といった基準は面積や人口の大小では測れない時代
に突入している
 ▼日本の47都道府県はすべてシンガポールより面積がはるかに大きい。最近、改革派知事が高速道
路問題などで持論を展開しているが、なかなか突破口を見つけるのは大変のようだ。昔は都市国家ア
テネ、現代はシンガポールなどの一見して小国家の「都市戦略」を研究することも重要ではないだろ
うか。
ページトップ