建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


葉隠の神髄に学ぶ(立・YK) 2003/01/31
 2003.01.31 【葉隠の神髄に学ぶ】
 ▼政治家の汚職事件は枚挙に暇がないが、実は肥前出身の代議士に贈収賄事件を起こした人はいな
いという話を思い出した。佐賀県人の潔癖性を評したものだ。佐賀県と聞いて思い浮かべるのは、有
田や伊万里などの磁器、吉野ヶ里遺跡などとともに『葉隠』がある。葉隠は知らなくても『武士道と
は死ぬことと見つけたり』の言葉を知っている人は多いだろう
 ▼学生の頃『日本人の倫理観』というテーマでレポートを提出したことがある。先生が20冊程度の
書籍を紹介し、学生が好きな本を数冊選び1週間以内にまとめるというもの。その紹介本の1つに三
島由紀夫の『葉隠入門』が含まれていた
 ▼『葉隠』は現在の佐賀県、鍋島藩士の山本常朝による口述を弟子達が書き留めたもので、これを
三島が現代語に直し、解説したのが『葉隠入門』。葉隠を有名にしたのは「武士道といふは、死ぬ事
と見つけたり」という名文句。しかし、その内容の本質まで理解している人は少ないようだ
 ▼特に『死ぬことと…』に関しては、後半部が抜け落ちて誤解している場合が多い。後半はこうだ
『二つ二つの場にて早く死ぬほうに片付くばかりなり』。訳せば「二者択一を迫られた時、いつ死ん
でもいい選択をするだけ」となる。即ち武士道とは、いつ死んでもいいように、常日頃から悔いの残
らぬように日々を生きるべしということ
 ▼葉隠は全編どう考え、どう生きるべきかを説いており、思わず唸ってしまうような文言が並んで
いる。悔いを残してばかりの日々を送っている筆者にとって『葉隠入門』は時折見返す本でもある。
純粋に生きることを、見直されている時代でもあるのだ。(立・YK)
ページトップ