建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


フェアーとアンフェアー(新・YA) 2003/03/29
 2003.03.29 【フェアーとアンフェアー】
 ▼ワールドカップの熱狂も過去のものとなり、最近ではサッカーの話題が上ることもめっきり少な
くなってしまったが、先日Jリーグで起きたプレーは話題を呼んだ
 ▼去る3月8日、京都で行われたナビスコカップ京都・大分戦。大分の選手がケガで倒れたため、
京都の選手はプレーを止めようとボールをピッチ外へ。サッカーではこのような場合、フェアプレー
精神に則ってボールを相手側に返すのが常識。ところが、スローインで京都側へ戻るはずのボールは
、センターサークル付近の大分のロドリゴの下へ。パスと勘違いしてロドリゴ選手は、棒立ちの京都
の選手を尻目に、難なく勝ち越しゴールを決めてしまったのだ
 ▼これに慌てたのか、大分の監督は試合を振り出しに戻すよう選手に指示。試合が再開すると、今
度は大分側の選手が全くボールに触ることなく、京都が易々と同点ゴールを決めた。試合は結局、京
都が大分を3対2で下した
 ▼結果的には勝敗に関係の無かったはずのこのニュースが大きく取上げられたのは、この日から導
入された新くじ「トトゴール」が原因。これは試合の勝敗を予想する従来の「トト」とは異なり、各
試合のゴール数を予想するもの。つまり、本来なら京都2・大分1となるものが、京都3・大分2に
変わってしまった
 ▼今回、当選はわずか4口(1等約3、384万円)。「京都2・大分1なら当選していたのに!
」という人もいるだろう。サッカーは「紳士のスポーツ」と言われ、アンフェアな行為には特に厳し
い競技だが、くじ購入者にとっては、フェアプレー精神も今回はいい迷惑となってしまったかもしれ
ない。(新・YA)
ページトップ