建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


阪神のメイク・ドラマ(前・HI) 2003/06/28
 2003.06.28 【阪神のメイク・ドラマ】
 ▼今年4月から、ある県庁の部長に昇進した人の話だ。その人は、学歴・人望・仕事能力等に優れ
、知事の信任も厚い生え抜きの新任部長だ。その部長にインタビューで趣味について聞くと、その答
えは「プロ野球観戦」だった
 ▼多忙を極め、休日が取れない部長にとって今、プロ野球観戦が唯一のストレス解消法であり、仕
事以外で最も関心があるものの一つなのだそうだ。聞くところによると熱心な読売ジャイアンツ(巨
人)ファン。原監督や篠塚・吉村コーチなど、現首脳陣の現役時代は言うまでもなく、V9時代を実
体験している
 ▼その部長の表情が晴れない。その原因と言えば、セリーグで首位を独走している阪神タイガース
の活躍だ。バランスの取れた戦力は他の11球団からも羨望の眼差しが注がれている。阪神は、昨年失
速した例もあるので、阪神ファンは「絶対優勝できる」と口では言っても(まだ、どうなるかわから
ない)と思っていのが実態ではないだろうか
 ▼プロ野球界の1996年は、いわゆる「メイク・ドラマ」のあったシーズンだ。セリーグでトッ
プに立っていた広島カープとのゲーム差は、最大で11・5ゲームに開いていた。しかしこの年、セリ
ーグのペナントレースを制したのは巨人だった。この戦いぶりを時の監督・長島茂雄氏が「メイク・
ドラマ」と命名、ファンをはじめ多くの人がその感動に酔った
 ▼そして今シーズンのメイク・ドラマだ。「ミラクル・アゲイン」の巨人のことをここでは言って
いるのではない。トップを走っている阪神のメイク・ドラマだ。阪神はこれから、どのようなドラマ
を私達に見せてくれるのか期待した。(前・HI)
ページトップ