建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


「つつが無きかや・下」(本・MM) 2003/08/31
 2003.08.31 【つつが無きかや・下】
 ▼蝮の血清を打った1週間後、医師からの安全宣言をうけ治癒を打ち切った。根っからの酒好きと
あって、祝い酒をたしなんだ。翌日に全身の筋肉、関節が痛みだし、その晩は寝返りも打てない激痛
に襲われ、一睡もできない羽目に陥った
 ▼「蝮の後遺症か」「酒のたたりか」と心配しつつ、こんどは都内の診療所を訪ねて驚かされた。
「ツツガ虫病の症状があるので採血します」となった。敵は蝮だけでは無かった。なんたることだ、
ツツガ虫病とは。決して「つつが無く」ではなかった
 ▼「つつがない」とは、お元気ですか、ご無事ですかが本来の意味である。607年に聖徳太子が
小野妹子を派遣して隋の煬帝に宛てた書状の中に「日出ずる処(国)の天子、書を日没する処(国)
の天子にいたす、恙(つつが)無きかや」と記されている。あの「つつがなきかや」である。入試問
題に出題される著名な一節だ。爾来、日本では人に健康を訊ねるとき「つつがなきかや」と挨拶する
ようになった
 ▼自宅で家庭医学辞典を閲した。「ダニの総称であるツツガ虫の幼虫に刺され感染する。1週間か
ら10日後以降に、発熱して全身がまばらに発疹し、腋の下、腰、リンパ節が腫れ痛みだす。目の充血
、頭痛も伴う」とあった。ものの見事に的中。また「再発率の高い病気で、予防ワクチンはなく、手
遅れでなければ死亡せず」とまで、ご丁寧に脚注されていた。ことしは冷夏といえど、本人にとって
は氷点下になっていた
 ▼そこに、娘のピアノの音色が飛び込んだ。〈うさぎ追いしかの山ではじまる〉大正時代の唱歌「
ふるさと」だった。2番目の節に「いかにいます父母 つつがなしや友がきて」とあった。「旧友は
元気だろうか」という歌らしいが、私は地獄だ。(本・MM)
ページトップ