建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


マニフェストは媚びか(水・YH) 2003/09/30
 2003.09.30 【マニフェストは媚びか】
 ▼暦では明日から冬に入る。まだ冬の実感は無いが、ススキが見事に野山に生い茂り、すっかり深
まり行く秋の印象である。ようやく実りの季節を迎えたが、お米の窃盗が続発するなど、世相は益々
寒々しいが
 ▼「おれは河原の枯れススキ 同じお前も枯れススキ どうせ二人はこの世では 花の咲かない枯
れススキ」大正12年、野口雨情の詞「枯れすすき」に中山晋平がメロディをつけて名曲「枯れススキ
」の唄がうまれた。文字通り雨情が生まれ育った馴染みの利根川を舞台にしたものだ。戦争や関東大
震災前の世相を反映し一世を風靡した
 ▼乱世は著しく回転の速い今日では当たり前だが、小泉・新内閣も国民の高い支持率でスタート。
11月9日衆議院議員選挙は周知のようだ。加えて民主党・自由党が選挙を見据えて合併するなど風雲
急を告げる政局だ。株価は1万円のレベルに到達したら、円が急騰しバランスが悪い。今こそ「抜本
的な政策を」と期待も大きい
 ▼民主党がマニフェスト(政治公約)の素案を公表し、早くも臨戦態勢を見せている。3年以内に
高速道路を無料化。2010年代の後半には財政を黒字化する。2006年度に国の直轄事業3割、
9000億円を削減する。年金改革を国民基礎年金と所得比例年金の2本建てにする等々である
 ▼そもそもマニフェストが最も有効に機能しているのはイギリス。日本の抽象的な公約とは違い、
より内容が具体的になっているのが特徴だ。身近な政策が各党から示されるなら、国民も非常に解り
やすい。しかし、選挙時だけの「媚び」が透けて見えはしないか。騙されない見識を我々は養わなけ
ればならない。(水・YH)
ページトップ