建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


芸は身を助ける(長・YK) 2003/12/27
 2003.12.27 【芸は身を助ける】
 ▼『芸は身を助けるんだ、字は丁寧に書きなさい』冬が本格的になると亡き父の言葉を思い出す。
筆者の父は大正14年1月生まれ。学徒出陣で明治神宮外苑陸上競技場で行われた壮行会にも参加した
。当時、東京府立実工(今の都立墨田工業高校)に通っていた父は、陸軍で本格的な戦闘訓練を受け
、南方もしくは満州に配属されるはずだった
 ▼訓練も2ヶ月ほど過ぎた寒い冬のある日、父は『君は字が上手いから、書類作りの任務について
もらう』と言われたらしい。学友が次々と戦場に送り出されていく中、自分だけが取り残されたとい
う思いと、戦死したら5人の弟や妹の行く末はどうなるのか。死ぬわけにはいかないという思いが交
錯したという
 ▼筆者が小学2年生のお正月に『字が上手だったから、今こうして生きていられる。字が下手だっ
たら戦場で死んでいただろう』その話を初めて聞き、筆者も書道教室に通うことを決めた。字が汚い
末娘に亡父の話をしたら、来年から習字に通うと言い始めたので『してやったり』、妻と苦笑してい

 ▼亡父の場合『芸は身を助ける』どころか『芸は命を救う』だったが、今の建設業界はどうなのだ
ろう。もちろん技術を持っていなければ、建設業としての存在意義そのものが無くなるのだが、当世
、技術を持っていても倒産している企業が多々ある
 ▼他には無い技術を持っていても、その技術を発揮する場も無い、ただ「安ければよい」と言う判
断はいかがなものなのか。業界の体質ばかりが問われているようだが、合わせて発注者の姿勢も問わ
なければならないように思うのだが。どうぞ良いお年をお迎え下さい。(長・YK)
ページトップ