建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


「星の王子さま」(甲・TH) 2004/05/29
 2004.05.29 【星の王子さま】
 ▼今年の4月、「星の王子さま」の作者故サン=テグジュペリ氏が、第2次大戦中に搭乗し行方不
明になった飛行機の残骸をフランス潜水調査チームが地中海マルセイユ沖の海底で発見した
 ▼同氏は、1944年7月31日、連合軍の偵察飛行のため、コルシカ島を飛び立ったまま消息を絶
ってしまった。調査結果によると、海底で沈んでいる機体は、高速でほぼ垂直に墜落。プロペラに損
傷もなく、敵の攻撃を受けたことを示す弾痕も残ってないため、墜落原因は永久に特定できないらし

 ▼世界の様々な国で読まれている同氏の著書「星の王子さま」は、バラの花の言葉に心を傷つけら
れた王子さまが、自分の星を後にし、王さまの星、うぬぼれ男の星、お酒ばかり飲む呑み助の星、実
業屋の星、点燈夫の星、地理学者の星、そして、最後に地球へ向かい、そこでサハラ砂漠の真ん中に
不時着した飛行士と出会う。地球ではキツネやヘビと会い、目には見えない大切なものを見つけ、そ
れを見つけた王子さまは、眠るように倒れ、自分の星へ還っていく話
 ▼同書を読むと、「大切にしていかなければならないものを感じ取り、それを生かせば、人は豊か
になれる。しかし、様々なことに心を奪われ、大切なものがやがて見えなくなり、そのうち見ようと
もしなくなる」ことを我々自身に問い掛けているような気がする
 ▼登場するキツネの言葉で、「心で見ないと、物事はよく見えない。肝心なことは、目には見えな
いものだ」と言う一説がある。これは著者から、物質文明の中で生活している我々大人、あるいはこ
れから大人になる子供達への「警鐘」なのかもしれない。(甲・TH)
ページトップ