建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


法律は人がつくる(さ・YW) 2005/11/30
 2005.11.30 【法律は人がつくる】
 ▼法律に基づいて人、社会は動く。至極当然だが、日頃変な法律だなと思うことが多々ある。先日
の8都県市首脳会議でのやりとりの一部だが
 ▼参加した首都圏の知事代理の副知事が「地方自治法何条で規定するので県が代表で話すのは云々
」と述べた。これに対し石原都知事は「法律が実態を縛るのではなく、生活実態が法律をつくり、改
正するのだ」さらに「法律の壁を破り、改正するよう働きかけるためにここにいる」類の発言をした
。全くそのとおりである
 ▼最初から法律でかんじがらめにされると、何もできないと感じるのではなく、どのように改正す
れば国民のためにとって良いのかを常に考えなくてはいけないのでは。建設業界で常に壁になる言葉
がある。「会計法によると」や「地方自治法によると」が必ず入札契約制度上の弊害として表れるこ
とがある
 ▼最近非常にゼネコンが部分的に改正して欲しいと切に思っている問題が会計法においてもあるの
だ。総合評価方式において、巷間、「価格と技術の両面から落札者を決定する」というのは理想であ
り、現実は価格のウェートが高すぎるため技術力ではさほど勝負がつかない。会計法で経済価値とし
て算出しにくい技術力の比率は10対1と定められており、現実は価格を重視し技術力も一応見る程度
の扱いにしかなっていない
 ▼技術力を求めるなら、実態に即した会計法になぜ国の発注者とゼネコンは迫らないのか不思議だ
。「VEの提案範囲を広げて欲しい」などの要望はするが、技術力の配点を高くするために法律改正
を要望したこと等は耳にしない。入札制度の多角化に適した法は人がつくる。(さ・YW)
ページトップ