建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


記憶に残る無念の男(さ・AO) 2006/06/30
 ▼群雄割拠する戦国時代、全国各地に綺羅星の如く数多くの武将が覇を競い合った。その中にあっ
て、戦国最強と謳われた騎馬軍団を率いながらも、天下へ道半ばで倒れた男といえば甲斐の虎・武田
信玄(晴信)。華々しい活躍の一方、「父追放」「子殺し」の2つの汚名が頭に浮かんでしまう
 ▼信玄の父・信虎は、所用で訪れた駿河の今川家からの帰途、国境で帰国を許されなかった。信虎
は、今川家に食客する。今川側からすれば、体よく人質を確保したことにならないだろうか。信玄、
駿河に侵攻となれば、父見殺しの汚名まで着ることになる。とは言え、信虎は今川家にあっても、息
子信玄のために今川家臣団に対して、謀反を策動するなどの動きも見せる。後に駿河を追われ、京へ
移ったという
 ▼また、信玄の子というと、四郎勝頼が浮かぶが、長男は正室・三条の方を母にもつ義信がいる。
妻は今川義元の娘だった。義信は、妻の実家を攻めるという信玄の駿河侵攻に反対。天下統一という
大儀の前には、武田家嫡男といえど抗うことはできず、信玄は「子殺し」の烙印を押された
 ▼また、信玄といえば対抗するのは、越後の竜、関東管領の名跡を継いだ上杉謙信。川中島の合戦
として史上名高い。この、天才戦術家との数次にわたる合戦で、武田軍団は、戦国最強の域にまで精
錬されたといっても過言ではないだろう。しかし、ここで信玄は大事なものを失っている。天下を目
指すための貴重な時間だ
 ▼父追放、子殺し。そこまでしても、天下は遠かった。病には勝てず、天正元年没す。「無念の男
」のイメージが漂うが、人々の記憶には残った。(さ・AO)
ページトップ