建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


記者は『話す』も大事(前・AN) 2006/08/31
 ▼一般普及した高度技術の代名詞の1つとして挙げられるのが携帯電話。その中でもメール機能は
非常に便利で、筆者も仕事以外ではメールを主として使用している。そのせいか最近では、携帯電話
のボタン部分が壊れつつあるという悲しい現実が
 ▼『話す』という電話の機能よりも『書く』機能であるメール優先の理由には、通信料の安さと共
に『話す』ということをしなくても用件が伝わるという手軽さがある。時間的な制約を受けている時
などは尚更だ
 ▼食事に出掛け、メニューを見た友人が「この料理は食べれない」と発した。他の友人らは気に留
めなかったようだが、筆者はとても違和感を感じた。いわゆる『ら抜き言葉』である。『〜できる』
など、可能の意味で使われる場合にのみ「ら」を抜いて表現したもので、その是非については様々な
意見があり、解釈が難しいとのこと
 ▼先日、運転中に誤ってテープレコーダーが作動し、車内の一部始終が録音されていた。後日気づ
き、聞いてみると車内を流れる音楽に合わせ口笛を吹いたり、鼻歌を歌ったりと恥ずかしい限りの行
動が録られていた。携帯電話で同僚と話しているシーンでは筆者の『話す』言葉がデタラメで、違う
意味で恥ずかしさを覚えた
 ▼このような職業にいることから、メール作成時などは、送信前に文章を何度も校閲したりと非常
に神経を使う。しかし、自分が口にする言葉には、特別気に留めていなかった。記者は『書く』だけ
でなく『話す』の再認識も重要で、文章として残る言葉だけでなく、消えて無くなる言葉に対しても
注意を払うことが必要だと痛感した。(前・AN)
ページトップ