建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


「もったいない」意識(さ・SW) 2006/11/30
 ▼仕事のカバンに、ノートやペンなどと一緒に「マイ箸」を携帯している。なるべく割り箸を使わ
ないように心がけているからだ。1度使っただけで、捨ててしまうのは「もったいない」と思う。最
近薄くなったレジ袋と同じく「タダ」の意識が根付いているが、元をただせば決してタダではない
 ▼弁当などを食べる際に必要な割り箸。イオングループのコンビニエンスストア「ミニストップ」
では、国産材を使用した割り箸を「5円の木づかい」として、5円で全国の店舗(一部除く)におい
て実験販売している。これは林野庁が17年度から始めた「木づかい運動」に賛同したもの
 ▼ミニストップのホームページによると「森林が二酸化炭素を吸収するには、木が活発に成長する
必要がある。しかし、海外の安価な木材の輸入で国内の木材の使用量は減少し、森林の荒廃が進んで
いる。国産材の積極的な利用を通じて森林を活性化し、二酸化炭素をしっかり吸収できる森林づくり
を推進。ひいては、海外の森林保護、地球温暖化防止につながる」という
 ▼実際には、無料の割り箸も合わせて用意されており、1日に数本程度の利用にとどまっているよ
うだ。それでも「1人で5本くらい買っていくお客さまもいる」とのこと。まだまだこのような運動
が浸透していくには時間がかかりそうだが、推進されるべきだと思う
 ▼限りある資源はタダではない。地球温暖化の要因であるオゾン層の破壊や酸性雨の発生・増加は
、人間の勝手によるところが大きいだろう。環境は「使い捨て」ではない。皆で常に「もったいない
」という意識も手元に携帯していたいものである。(さ・SW)
ページトップ