建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


好きな人の笑顔が一番(山梨・TN) 2007/01/31
 ▼筆者はマニアというほどではないが、お笑いが好きである。お笑い芸人が有名女優と結ばれたり
、テレビではないものの、ルポライター早坂隆氏が出版したジョーク集も売れたりと、ブームと言わ
れて久しいがお笑いは今まさに波に乗っているという感じだ
 ▼そんな筆者も、時間があるときは、好きなお笑いタレントが出演しているテレビ番組にチャンネ
ルを合わせることが多い。休日にリラックスするのにはもってこいである。もしお笑いに資格があっ
たら一番難しいのは日商簿記1級ならぬ、日笑呆け(にっしょうぼけ」とでも言うのだろうか・・・
。親父ギャグはこれだけにしておく
 ▼笑いと言えば、人間は笑うことの出来る唯一の動物であるといわれる。しかもその種類も豊富で
、爆笑をはじめ、冷笑、嘲笑ーなど様々。また、物まねを始め人を皮肉るテーマにした笑い、動きで
取る笑い。こちらの角度でみた種類もまさに百花繚乱。韓国スターのヨン様スマイルを見た世の婦人
も、そのうっとりとした優しい表情も、また笑顔である。さらに悲しくても笑顔をつくるなど本当に
、人は笑いの使い分けが出できたりする
 ▼人は年齢を重ねるごとに、表情に豊かさが増すと言われる。それはただ皺などに寄るだけではな
く、人生の積み重ねもあるのではないだろうか。箸が転んでもおかしくて、作られる笑顔とは明らか
に違う。筆者も最近そんな、懐の深い笑顔が出来る人に魅力の一つを感じたりもする
 ▼笑いについて色々書いてきた。ところで今筆者にとって一番嬉しいのは、好きな人の自分に向け
られたモナリザの微笑みに増した笑顔ではないだろうか。(山梨・TN)
ページトップ