建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


ユビキタス社会に警鐘(新潟・YY) 2007/02/28
 ▼「ユビキタス社会」「ユビキタス・ネットワーク」など「ユビキタス〜」という言葉を耳にする
機会が増えた。ユビキタス(Ubiquitous)とは、もともとラテン語で「いたるところに存
在する」という意味だが、現在さかんに使われている「ユビキタス社会」とは一体どのようなものな
のか
 ▼概ね「全てのコンピューターがネットワークに接続された状態で、多くの人が、いつでも、どこ
にいても直ちに各種の情報にアクセスできる状態」としている。それは理想的で便利な世界のような
印象をうける
 ▼現在、日本では携帯電話は国民4人あたり3人が所有し、かつインターネットに至っては普及率
60%を超える状況だ。その上、家庭や職場だけでなく、街なかの商業スペースなど、いたるところ
でインターネットを楽しめる環境が整備されている。それはユビキタス社会にどの程度近づいたもの
なのだろうか
 ▼一昔前までパソコンは一家に一台どころか手に入れることの難しい高価かつ貴重な品物だった。
しかし今日では高性能でより安価に誰もが手に入れることが可能になり、企業は勿論だが個人でも必
需品とまでなっている。そして若者から高齢者までが気軽にインターネットを利用できる環境が整い
つつある
 ▼しかし、あらゆるコミュニーケーションツールが急激に発達して、どんどん便利になっていると
感じる反面、人と人とのつながりが希薄なものになったり、コミュニケーション能力の低下につなが
ったりと、便利になったゆえの問題もおおいに感じる。そこは、ユビキタスに押しつぶされないよう
心しなければならない大切なことだろう。(新潟・YY)
ページトップ