建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


赤ちゃんポスト設置の意義(茨城・KM) 2007/03/30
 ▼双子の兄妹による禁断の愛が描かれていることに加え、過激な描写が話題となり、累計発行部数
が600万部を突破した青木琴美原作の人気少女コミック「僕は妹に恋をする」。今年1月には、嵐
の松本潤を主演に迎え、映画も公開された
 ▼兵庫県豊岡市にも、恋をした兄妹がいた。過去形なのは、2人の恋はたった2カ月で終止符が打
たれてしまったから。兄6歳、妹3歳。若すぎるが故の破局ではない。このまま兄妹が交尾を行い、
妹が卵を産めば、遺伝的に問題があるヒナが生まれてしまうため、兄は捕獲され県立コウノトリの郷
公園に収容された。そう、これはコウノトリの話
 ▼熊本市の慈恵病院では近々、「こうのとりのゆりかご」が設置される見通し。この「ゆりかご」
は、通称「赤ちゃんポスト」と呼ばれる。親が育てられない赤ちゃんを、顔を合わせずに預かる窓口
だ。病院の人目につかない一角に専用の部屋をつくり、保育器を置く。誰かがこっそり赤ちゃんを寝
かせれば、ブザーで職員に知らされる仕組み
 ▼この仕組みは2000年にドイツで始まった。このような仕組みを作れば「捨て子を助長する事
になる」と当初は根強い反対があった。今回、日本での設置に関しては、児童福祉法などに違反しな
いかどうかを厚生労働省と市が協議していたが、結果として設置を認める方針に
 ▼今後日本でも、倫理面からの反対や抗議は避けられないであろう。しかし、この世に生を受けた
ばかりの赤ちゃんが、捨てられたり、殺されたりする現実がある。そうした赤ちゃんを1人でも救え
るのであれば、今回の設置はとても意義のあることだと思う。(茨城・KM)
ページトップ