建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


心の感情と銭勘定(茨城・KK) 2007/09/28
 ▼いざなぎ景気を越えたなどと景気の堅調さが巷間言われている。しかし地方、とりわけ中小企業
にあっては厳しさは増すばかりというのが実感ではないだろうか
 ▼統計上の数字が実態に合わないことはよくある。日本の世帯の平均貯蓄は約1700万円とのこ
と。「冗談だろう?」。こういった声が庶民の率直な実感では。一部の大金持ちが平均を押し上げて
いるのは言うまでもない。最も多い分布は200万円以下の世帯で全体の15%を占める。統計は正
確でも、平均と最多分布の隔たりからよく起こることだ
 ▼ベストセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』、『食い逃げされてもバイトは雇うな』(光文
社刊)で知られる公認会計士・山田真哉氏は「感情に流されずにきちんと損得を考えるべき」と訴え
る。彼は大学卒業後、予備校講師の経験がある。時給3000円というと相当稼げるイメージだがそ
うではない。1時間の講義のために数時間の準備が要る。しかも1日に2、3時間の授業しか出番が
ない。月収にすると決して恵まれた報酬ではなかったと振り返る
 ▼スーパーでの買い物で、食料品の5円、10円の違いにこだわることはよくある。人によっては
交通費、ガソリン代をかけてもということも。それに対して家電品など比較的値の張る買い物になる
と1、2万円の差など気にならなくなるのは不思議なことだ
 ▼会計学では「数字はあくまでも数字でそこに感情は入ってはならない」と山田氏。「名を捨て実
を取る」とよく言われる。企業経営や家計管理に、言葉は悪いが「心の感情より銭勘定」という見方
も時には必要なのではないだろうか。  (茨城・KK)
ページトップ