建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


帰りたがりの20代(茨城・HN) 2007/11/30
 ▼若い世代で、仕事が終わるとすぐに帰宅する人が増え、職場の人と飲みにいくなどの交流が少な
くなっているという。インターネットなど、自分だけの趣味に時間をかける人が増えているのだとい

 ▼総務省が実施した平成18年の社会生活基本調査の結果から浮き彫りになったもの。特に20〜
24歳で、交際・つき合いの時間が減少している一方、休養や趣味などの自由時間が増加傾向にある
という。筆者も、インターネットなど趣味の時間を過ごしたい、休息したい、子どもと遊びたいなど
の理由で早く家に帰りたいと思うことが多々ある
 ▼特にインターネットだが、普及率の増加で、最近はテレビよりもインターネットに時間をかける
人が増えている。ネットが普及すればするほど、会社でも家庭でもパソコンに向き合う時間が多くな
り、結果として人とのつき合いが希薄になっている気がする
 ▼筆者の町内では毎年、町内運動会が開かれている。老若男女がリレー、綱引き、借り物競走、ク
イズ、玉入など10種目近くの地区対抗戦だ。日ごろ、なかなか会う機会のない人達も、この日に顔
を合わせることによって地域間交流が保たれるというメリットがある。一方で、地区ごとの人数の隔
たりや参加しない人がいるなどで、「運動会を無くした方が良い」という声もある
 ▼確かに、家族や友人など、気の知れた人と交流を深めること、趣味を楽しむことは大切。だが、
井の中の蛙にならず、広く交流を持つことは自己啓発の一環となる。自分の今の生活が、自分自身を
高めるチャンスを減らしてしまっているということに、ふと気付いた。次は行動に移す番だ。(茨城
・HN)
ページトップ