建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


頼れる町の電気屋さん(茨城・HN) 2008/02/29
 ▼世の中には、いろいろなエネルギーがあるが、その中でも電化は最も進んでいるものの一つだ。
電気の使われ方が一方から多方に及んでいる。オール電化はもちろん、最近では、車をコンセントか
ら充電できる電気自動車の開発も。車も充電する時代がやってくるのだ。電化は、そのくらい大きな
流れの中にいる
 ▼その一方で、使い手である自分たちが、高度化する機器の機能に追いついていない現状がある。
最近、地上デジタル対応のテレビを購入したが、このテレビに付いているさまざまな機能を筆者は十
分に使いこなせない。せっかくの便利な機能も使わなければ意味がない。地デジなどのオール電化が
進んでいくが、これからの高齢化社会、このような人が増えていく
 ▼昨今、取扱説明書を簡略化する動きや、分かり易いユーザーインターフェースを持った商品開発
が各メーカーで進んでいる。そういった企業努力はもちろん大切。だが、今後は家電の相談にのって
くれるアドバイザー的役割の人達の存在が重要になっていくのではないだろうか
 ▼それはつまり『町の電気屋さん』と呼ばれるような、地元の電気工事業者の存在。それは、かか
りつけの『お医者さん』のようなものであり、人生設計に一役買ってくれる『保険屋さん』のような
ものでもある。つまり、困ったときに頼れる存在だ
 ▼最近では、大型の家電量販店が方々に進出している。足を運んだ際、純粋に説明を聞きたいこと
があるが、たまに営業型の接客がうっとうしく感じることがある。気にせず、なんでも気軽に相談で
きるような存在として『町の電気屋さん』が重宝される時代がくる。(茨城・HN)
ページトップ