建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


改めて母のすごさを痛感(新潟・YY) 2008/03/31
 ▼先日、帰宅すると母が「きょう一日でこれだけ出来た」と子切れで作った巾着袋を5、6枚見せ
てくれた。表地と裏地を別々の布で縫い合わせ凝った作りだ。しかし一見キレイに仕上げているよう
だが、手に取りよく見てみると縫い目がちょっと雑だ。思わず、やり方さえ教えてくれれば筆者のほ
うが「キレイに作れる」と言ってしまい、次の日曜に2人で作る事に
 ▼日曜日、それぞれ朝の仕事を終えてから巾着袋を縫い始める。普段、裁縫はボタン付け程度しか
しないので返し縫いで丁寧に縫うのはかなり大変だ。しかし大きな事を言ってしまった手前、手は抜
けない。モタモタしているうちに母は扇を入れる巾着を1つ作り終えてしまった
 ▼昼近くになり、筆者が袋脇の直線2本を縫う間に母は「今日は市の日だから」と買いものに出か
けた。帰りには近所の手芸店に立ち寄り、巾着用の紐を買い、お茶までご馳走になってくる。そして
家に戻り作った巾着に紐を通し終えると、今度はお昼の支度を始めた
 ▼お昼を食べ終え、また2人でチクチク縫い始める。筆者は慣れない作業で肩が凝る。巾着袋の口
部分の表地と裏地を縫い合わせている間に母はまた1つ巾着袋を完成させてしまう。そして「夕食の
買出しに行ってくる」と今度はスーパーへ出かけた
 ▼夕方になり、2人それぞれ一日の成果を確認する。5時間座り込んで筆者が仕上げた巾着袋はた
だ1つだけだった。時間をかけた分だけ出来は良いと思うのだが、母はあれだけ動きながら4つも仕
上げてしまったのだ。ちょっとくらい縫い目が雑でも、一日であれだけの仕事をこなせるあなたはや
っぱり凄い!(新潟・YY)
ページトップ