建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


楽しみな復刻商品(山梨・SA) 2008/06/30
 ▼休日の午後、あまり空腹に近くのスーパーに駆け込んだ。その日は少し風味や容姿が凝ったこだ
わりのインスタントラーメンが食べたくなった。足は自然とカップ麺がそろうコーナーへ。なぜか懐
かしく感じるパッケージのカップ麺が目に入った
 ▼明星食品が昭和52年に発売しためん吉シリーズの「どんぶりくん」と、昭和55年に販売して
いた「うまかめん」。昔、どこかで見たことのある赤と黄色の派手なパッケージだ。2点とも思わず
手に取りレジに走った。この2点、商品ロゴや見た目も当時のまま。現代のカップ麺に比べると小ぶ
りでボリュームには物足りなさが感じられるかもしれないが、きっと販売当時に一度はこの味を堪能
し、名前を聞いて懐かしさを感じる人は多いはず
 ▼このほか復刻している商品は数多い。カップ麺のほかにもコンビニなどでは、コカコーラなどの
飲料水は販売当時の姿である瓶のスタイルのものや、お馴染みのグリコプリッツ、ビスコなどのお菓
子などが多い。時代を超えて復活し、過去にヒットした商品が現代によみがえり、店頭に並んでいる
姿に懐かしさを覚えるばかりでなく、なぜか新しい雰囲気を感じるから不思議である
 ▼温故知新という言葉もあるが、過去に販売していた商品を知らない世代には新商品にほかならな
い。復刻する商品は、その当時の時代背景や、生活文化などを象徴して生まれてくるものである
 ▼文明の進んだ昨今に生きる私たちとはいえ、日々商品を作り、販売したものを、これからの未来
の人々が復刻し、新たな商品として受け入れられてもらえたら素晴らしいことだ。本物は残ると言う
ことだろう。(山梨・SA)
ページトップ