建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


一枚に賭ける想い(新潟・KK) 2009/03/31
 ▼取材活動を通じて毎日のように写真を撮る。使用するカメラは昨今はデジタルカメラ。一昔前の
フィルムカメラを使っていた時代と違い、撮った画像を瞬時に確認でき、加工が容易で、現像に出す
手間も省けるなど、実に便利になった
 ▼一方で、従来のフィルムカメラの愛好家も多い。フィルムを現像に出し、どんな写真が撮れてい
るのか、わくわくして待つ期待感もあるが、失敗した写真を眺めることも楽しみの一つである
 ▼フィルムカメラとデジタルカメラの中間にあるのが、撮った写真がすぐに現像されるインスタン
トカメラ。特に米・ポラロイド社製のインスタントカメラは有名だ。そのポラロイド社が昨年、イン
スタントカメラ・フィルムの生産を中止。事実上、「ポラロイドカメラ」の役割が終わった
 ▼筆者が「ポラロイドカメラ」の魅力に取り付かれたのは数年前で、旧知のアンティークショップ
から安く譲ってもらったのがきっかけ。約30年も前に生産されたカメラだが、今もなお現役である
。残念ながら、フィルムの生産が終わってしまったため、あとは手元に残るフィルムのみ
 ▼「ポラロイドカメラ」の最大の特長は、撮った写真が、その一枚しか存在しないこと。焼き増し
が出来ないので、仕上がった写真が「世界で一枚だけの写真」となる。そのため医療現場など加工や
修正が許されない世界では必須のカメラ。写真一枚に対する単価が非常に高く、シャッターを押す瞬
間には常に緊張が走る。失敗した画像を簡単に消去でき、何百、何千枚も撮れるデジタルカメラ全盛
の時代であるが、改めて一枚の写真の大切さに想いを馳せてはいかがだろう。(新潟・KK)
ページトップ