建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


今こそ心機一転の時期(茨城・HN) 2009/10/30
 ▼民主党政権による大型公共事業が見直しを迫られている。茨城県内に関連する霞ヶ浦導水事業も
例外ではない。そんな中、交付金事業への投資は大きなウエートを占めている。茨城県の10月補正
予算案では、カシマサッカースタジアムに太陽光発電の設備を取り入れる事業や、ドクターヘリ発着
の整備、耐震改修などが盛り込まれた
 ▼これらの事業は、推進されるべき公共事業として、むしろ世論の追い風を受けている。従来型の
公共事業ではなく、国民が本当に必要な整備は何なのかを考えたなかで、進められている事業だ。こ
ういった部分に目を向けなければならないのは必須だろう
 ▼しかし、筆者の仕事も他人ごとではないのだ。建設業界とは一蓮托生。何も癒着しているという
意味ではないが、われらも建設関連の専門紙として報道している以上、業界の環境が苦しくなればな
るほど、同じような道を余儀される
 ▼しかし、霞ヶ浦導水事業の中止を受け止める中で、代替案を提示した団体がある。NPO法人ア
サザ基金。その代表理事、飯島氏はこう語る。「はっきり言って導水事業は大手主導で、地域にお金
が落ちていない。地域に根ざした業者が、きめ細かな事業を展開していくべき。そういう着眼で、私
達は市民型の公共事業を推進している」。いままでが不自然だった…。そう言う考え方だ
 ▼政権交代は、選挙を通じ国民が望んだ選択肢だ。各産業、特に建設業界は発想の転換を図る良い
機会なのかもしれない。われわれ建設専門紙も是々非々、正しく理解し、心機一転を図る時期にきて
いる。今こそ、大胆に生きる道を模索すべき時なのかも。(茨城・HN)
ページトップ