建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


大騒動・事業仕分けで〆(茨城・KS) 2009/12/29
 ▼古代メキシコのマヤ文明より伝わる、地球滅亡の日を描いたSF映画「2012」。太陽、地球
、月、幾多の星が一直線に並ぶ天文学的に希有な現象がこの年に起こり、それが地球の核と反応して
未曾有の大災害が引き起こされるというもの
 ▼大地震で地は裂け、大噴火でマグマが飛び出し、果ては大津波が全てを飲み込んで流し去る。科
学的な根拠はなく、信憑性は低いとされているが、圧倒的なコンピューターグラフィックが織り成す
大迫力にただ驚愕するのみだった。その天変地異はまさに?神の審判?だ
 ▼?審判?といえば、各方面で大きく物議を醸した行政刷新会議の事業仕分け。数々の聖域にメス
を入れた、民主党だからこそなせる業だろう。しかしそのあまりにも大胆な割り振りに、果たしてこ
れから社会がどうなってしまうのかという不安を拭い去れない
 ▼科学技術分野では、スーパーコンピューター開発事業や官民共同でのロケット開発事業などが削
減、凍結され、世界に名立たるノーベル賞受賞者らは「科学技術は短期的な費用対効果で評価できな
い」などと怒りの声を上げた。また、スポーツ分野でもオリンピック選手強化事業が縮減され、メダ
リストらが猛抗議の姿勢
 ▼そして建設業界では、中小建設企業の観光や福祉、農業など異分野への進出を支援する、建設業
新分野展開支援事業が「効果が見込めない」と予算見送りになった。先の前原国土交通大臣のインタ
ビューでは、転業、転職を支援するとの姿勢を示したはずであったが。今年の小欄はこれで最終とな
った。いろいろあったが、来年こそは良い年でありますように。(茨城・KS)
ページトップ