建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


待った、耐えた、勝った!(茨城・KK) 2010/02/26
 ▼連日熱戦が続くバンクーバー冬季五輪。前評判どおりのパフォーマンスでメダルを手にする外国
人選手のポテンシャルの高さに舌を巻きながらも、お目当ての日本選手に懸命に声援を送る
 ▼第7日・18日、男子フィギュアスケートで高橋大輔選手が見事銅メダルを獲得した。右ひざの
じん帯断裂という大けがから、手術、リハビリを乗り越えての表彰台。メダルの色は銅だが、母・清
登さんの言葉を待つまでもなく、本人にとっても「金以上の価値」があったことだろうと、思わず胸
を熱くした
 ▼私事だが、正月休みに足首を痛めた。「きっちり直さないと癖になる(マッサージ師)」。今も
リハビリを続けている。日常生活や仕事に支障はないが、走ったりできるまでには3カ月はかかると
いう。中年にしてこれだから、世界のトップアスリートの高橋選手にとって、想像を絶する苦難の日
々だったろう
 ▼「スポーツ選手は直りきらないうちに試合に出るから持病になるんだ」と先のマッサージ師。お
相撲さんは番付が落ちるし、野球選手ならポジションを奪われかねない。2008年10月に負傷した
高橋選手にとっては、五輪本番までの限られた期間で回復、復帰、代表獲得まで、いくつもの山を越
えなければならない
 ▼失敗こそしたが、4回転ジャンプへの挑戦が、メダルにつながったのでは。ミスを恐れて手堅く
まとめる選手の多いなか、高橋選手が出場選手中最高のプログラム構成点を出せたのも、攻めの姿勢
があったればこそ。復活の日を待ちわび、つらいリハビリに耐え、そして栄光をつかんだ高橋大輔選
手に心からの拍手を送りたい。(茨城・KK)
ページトップ