建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


建設業界の保存食は(群馬・HM) 2010/03/31
 ▼知人から金沢の土産「へしこ」なるものを頂いた。サバをぬか漬けにしたもので、郷土料理の1
つ。かなりしょっぱい、と言うので水でよく洗ってから、そのまま切って食べてみた。かなり固めの
歯ごたえで、ぬか独特のにおいとしょっぱさの後にサバの味がほんのり残る。濃いチーズのようでも
ある
 ▼次は焼いて食べてみた。生の時の歯ごたえがうそのようで、サクサクッと実に柔らかい。干物の
ような食感を想像していたのでびっくりした。焼いた分香りも高く、うまい。これは確かに向こうの
キリッとした日本酒が合いそうだ
 ▼雪国の冬は厳しい。そのため「へしこ」のような保存食が発達しているのだろう。漬け物や干物
は食材や漬け方などで実に多くの種類があり、一般的にもなっている。ただ保てばいい訳ではない。
せっかく食べるのだから、できるだけうまい方がいい。工夫を重ねた保存食にはおいしいものが多い
と思う
 ▼「春の来ない冬はない」と最近はよく耳にする。不況はいつまでも続かない、だからがんばろう
、と言っている。確かにそれはその通りだ。嘆いてばかりいても仕方がないし、厳しさを知りながら
、ある程度の楽観性も必要だろう
 ▼しかし建設業が今置かれている状態は、通常の「冬」ではない。何年間もの苦しい時代があり、
疲弊しきっている上での「冬」である。大飢饉の後で保存食もない冬と言える。その状態で、いつ来
るのか分からない春を待っている。その苦しさは分かってほしいと思う。今業界が一番求めている「
保存食」は、その現状に対する周辺からの「理解」ではないだろうか。
(群馬・HM)
ページトップ