建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


国会議員の奇妙な色使い(東京・JI) 2010/04/30
 ▼衆院も参院も、本会議場は紺色の男性議員で埋め尽くされる。彼らの中には、紺のスーツに赤い
ネクタイを合わせる人が多い。その赤たるや、まさに真紅と言うにふさわしく、かつ濡れたように光
っている。さらに前ボタンを開けて歩いているため、揺れるネクタイが「牛の舌」に見えて仕方がな

 ▼多くの紺と少しのグレーが占める中、一部の女性議員は派手な色のスーツで対抗する。こちらも
目が痛くなるような鮮やかさで、思わず顔をそむけたくなるほどである。どうやら彼女たちにはテー
マカラーがあるようで、日々の服は違えども色はいつも同じだ
 ▼通販会社フェリシモが販売する500色の色鉛筆セットには比喩的な名前が付けられている。あ
えて女性議員の名は伏せ、その色を500色の中から当てはめる。A議員の黄色は「白いテラスのレ
モネード」。B議員の青は「天馬の駆ける空」。C議員の赤は「夕暮れのグランドキャニオン」。D
議員の緑は「ペパーミントの葉」だろう。男性議員に大人気の真っ赤なネクタイは「巫女の紅袴」に
近い
 ▼女性議員の多くはスーツを同じ店に依頼して作っているらしい。店が議員ごとの服を管理するた
め、似たような服を着る危険性を回避できるのだという。派手なスーツも真っ赤なネクタイも印象は
強く残るので目立つことは間違いないが、個人的には「奇妙」に映る。もっと言うなら「珍妙」だ。
政治家と筆者の感覚には大きな開きがあるようだ
 ▼ひるがえって自分の服を見直す。普通の格好をしているつもりではあるが、もしかすると他人か
らは「奇妙」と思われているのかもしれないのだが。(東京・JI)
ページトップ