建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


効果的なPR手法を(茨城・HN) 2010/08/31
 ▼茨城県土木部では「なるほど公共事業」と題して、公共事業の有用性をホームページなどでPR
している。各項目とも公共事業の効果が一見して分かるように見出しや写真、文章でまとめられ、プ
リンターで印刷してみるとA4版1枚の枠に収まる。手にとって見ても実に分かりやすい
 ▼だが、このホームページを県民に見てもらうには、なかなか一筋縄では行かないのが現実。せっ
かく良いものをつくっても、これを見てもらう有効な仕組みづくりが無ければ、宝のもちぐされ。ホ
ームページへの誘導が課題となる
 ▼ことし7月28日、中国の格安航空会社「春秋航空」が茨城―上海間のプログラムチャーター便
運航を開始した。開港当初はソウルと神戸便のみで危ぶまれていた路線数も、今回の上海便に加え、
スカイマークが年度内に札幌と名古屋の就航を発表するなど順調に見える。ただ、その利用客は東京
などへ向かう団体客が多い。茨城県内での観光と滞在が課題となる
 ▼以前、県幹部にインタビューした際、こんなことを言っていた。「地域資源の発掘も、これから
のまちづくりに欠かせないキーワード。各地であまり知られていない歴史やエピソードを掘り起こし
、資源として発信することが、まちの魅力になる」
 ▼茨城空港をはじめとして、これまで苦労して完成させてきた県内の公共施設。これを、ただ完成
させるだけでなく、効果的に内外へその有効性をPRしていくかの仕掛け作りが重要となる。公共施
設を立派に仕上げるまでが、建設業者の役割だが、これをいかにPRしていくかは、行政は当然だが
、業界も一役買うことも必要では。(茨城・HN)
ページトップ