建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


手帳にまつわる秋到来(山梨・SA) 2010/10/30
 ▼ようやく季節の歯車がかみ合いだしたのか、テレビや新聞などでは、「富士山が初冠雪です」「
青々としていた山々が、いよいよ色づいてきました」、などのたよりが、耳に入り初めてきた。今年
はようやく訪れた秋の感がある
 ▼それを感じてなのか、書店などでは、2011年版の様々なカレンダーや、たくさんの手帳が並
びはじめた。店頭の入口付近で、お客を待ち構えている様子も見られ、秋から新年へ流れる、いつも
の風景だ
 ▼私事で大変恐縮だが、筆者の手帳は、使い勝手を宣伝するわけではないが、某大手100円ショ
ップで購入したもの。もう、かれこれ2年連続で同じ様式のものを使用している。この手帳のメリッ
トは、100円ショップならではの「リーズナブルさ」だけではなく、単純に様式に慣れてしまった
ためか、とても見やすく、使いやすく、離せない、そんな存在で大変重宝している
 ▼実は、先日、同じ型式の新しい手帳が、もし販売されなかったら、どうしようと不安になり、同
ショップへ急いで探しに出かけた。しかし、時期が早かったのか、まだ売られていなかった。3年連
続で、果たして店頭に並ぶのか、まだまだ不安が続くが、昔から馴染みにしている床屋へ通うように
、使う手帳もなかなか他社製には、簡単に替えれないものである
 ▼さて、話は戻り、来年のカレンダーは一体何にしよう。景気もなかなか安定しない昨今で、不安
ばかりが膨らみ、先が見えない状況だが。しかし、きっと打開できるだろうという、切なる願いや気
持ちを抱きつつ、これだ!というカレンダーを探したいと楽しみにしている。(山梨・SA)
ページトップ