建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


新たな気分で正月を(本社・JI) 2010/12/28
新たな気分で正月を
▼電子レンジが動かなくなった。温めるだけの機能しか持たないシンプルな物だが、我が家にある家
電製品の中で最も古く、実に14年の長きに渡り毎日のように活躍してきた。しかし、その内部では
ゆっくりと老朽が進んでいたのだろう。ついに不動のものとなった。毎日使う機械が無いというのは
不便なため、その日のうちに家電量販店で新商品を購入した。
▼政治の世界では、自民党が長く政権を握っていた。財政再建を旗印に、小泉政権時代から公共事業
費の削減は始まり、毎年約3%ずつ減っていく中で、建設業界としては将来的にどこまで減少し続け
るのか懸念されていた。そのゆるやかな下降の流れを、昨年政権を獲得した民主党は一気に押し進め
た。
▼22年度予算における公共事業費18%減は衝撃的だった。しかし、これだけ大胆な政策を行ったにも
関わらず財政も経済も復活の兆しは見えない。財源は乏しいままだ。地方経済も依然として厳しい状
況が続いている。もう今年も終わるが、やがて来る新年は日本経済の上昇の始まりであってほしいも
のである。決して、終わりの始まりであってはならない。
▼購入した電子レンジにはスチームオーブン機能が当たり前のように付いているので、さっそくハン
バーグを作ってみた。フライパンで焼くのとはまったく異なり、中がフワフワと柔らかい。肉の味も
凝縮されている。おそらく来年の我が家ではオーブンが大活躍するだろう。
▼電子レンジを変えただけなのだが、新たな気分で正月を迎えることができそうだ。本年も読者の皆
様には大変お世話になりました。また来年もよろしくお願いいたします。(東京・JI)
ページトップ