建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


震災機会に親交(東京・HM) 2011/06/30
震災機会に親交
▼大学時代の知人がいる仙台へ取材に行くことになった。特別仲が悪かった訳ではないが、良いとい
うこともない。よく一緒に遊ぶグループだったが、2人で遊ぶ事はまずないといった関係。別にけん
かをすることもないが、色々なものの好みや考え方が合わなかった。
▼震災があった時も、こちらから連絡することはなかった。人づてに無事と聞いたので、それでいい
事にした。そんな間柄だから、仙台行きが決まった時も連絡を取ろうかちょっと迷った。しかし、滅
多にない機会に何の連絡もしないのは、あまりに不義理かと思い電話した。
▼建設関連の仕事に就いているため現場事務所で会った。久しぶりと挨拶し少し話をして、結局その
まま飲みにいくことになった。飲み屋での会話は、震災後の苦労話から、思い出話へ移り、そして仕
事や職場の話といった、同世代でなければ通じ合えない話題に。予想外の楽しい時間となった。それ
は向こうも同じようで「なんか楽しいねえ」を繰り返していた。
▼彼と別れ、一人で飲みながら、なぜ楽しく過ごせたのかを考えてみた。多分、お互い大人になった
ということなのだろう。しかし、その分トゲのような若さもなくなったと感じる。それがいい事なの
か悪い事なのか。酔った頭を悩ませてみたが、そのうちどうでもよくなった。
▼「またね」と去っていった旧友の顔が浮かぶ。「また」がいつになるのか分からない。10年単位の
「また」だろうか。その時はどんな会話をして、どんな気持ちになるのだろう。そんな想像をしてい
たら何となくまた楽しくなってきた。無意識にビールをもう1杯注文した。(東京・HM)
ページトップ