建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


心を癒すあの日の思い出(茨城・NI) 2011/09/30
心を癒すあの日の思い出
▼過日、茨城県と福島県の県境に位置する久慈郡大子町を車で走ると、時代をタイムスリップしたよ
うな懐かしい光景が目に入った。それは、現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説「おひさま」で、
井上真央さんが演じるヒロイン・須藤陽子の母校で赴任先でもある有明山国民学校(有明山尋常小学
校)の舞台として使用された大子町の旧上岡小学校。
▼同施設は明治時代に建てられた木造校舎で、少子化による統廃合により2001年3月31日に廃校
となっていた。現在では、古き良き時代の懐かしい雰囲気を残し、大切に守られている。それによっ
て多くのドラマや映画の舞台として利用されている。
▼近所の方に聞くと、管理を行う「上岡小跡地保存の会」による一般公開が9月からはじまり、校舎
内部が見学できるというではないか。興味津々で車を止め、教室に入る。床がギジギシ、教室の扉は
ガラガラとなんとも奥深いメロディを奏でる。壁には当時の小学生が描いた自画像や授業風景がその
まま残されており、その当時の子ども達の声が今にも聞こえてくるようだ。
▼筆者が驚いたのは、保存会の人たちがその当時の在校生であったことと、校舎の窓ガラスはすべて
当時のままのガラスで、学校の備品までもそのまま残されていること。さらに、保存会の方の校舎へ
の熱意が半端ではない。
▼筆者も最近、母が昔使っていたえんぴつ削りを発見。もちろん手動式で外観も歴史を感じさせる。
思えば子供の頃から母には「ものを大切にしろ」と再三言われてきたものだ。今になってその意味が
少し分かってきたような気がする。良いものは長く残り、心を癒すものだと。(茨城・NI)
ページトップ