建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


あと13年で昭和100年(群馬・SN) 2011/11/30
あと13年で昭和100年
▼今年は1912年の大正元年から数えて100年の大正100年だという。病弱だった大正天皇の
即位期間は短く大正時代はわずか15年。その時代の代表人物として個人的には竹久夢二が浮かび、レ
トロ、モダンといったロマンチックな時代を空想し、なんとなくしゃれた空気をイメージする。
▼急速に進行する近代化に加え、国家による帝国主義、軍国主義への圧力も加速化した時代。その一
方でそれに反発するかのように自由を求めた一部の若者、社会への女性進出が激増した時代でもあり、
関東大震災からの復興も大正時代だった。
▼今年は未曾有の東日本大震災、原発の是非、TPP参加を巡って2分する議論など難問が山積。こ
れら100年目の今の時代に重複する部分が多いことは、果たして単なる偶然なのだろうか。
▼江戸時代は285年くらい続き、その後の明治、大正、昭和そしてまもなく23年目の年が過ぎよう
としている平成を足しても166年くらい。江戸時代は元号ではないので単純に比較できないが、3
00年近く江戸幕府がこの国を統治してきた。その後、明治維新でいわば新国家に生まれ変わり、そ
こから官僚国家になり以来166年続いている。また新しい国家、今のシステムに代わる抜本的に新
しいシステムが必要なのではないか。
▼政権交代による新国家を期待した夢物語も遙か遠い過去に感じ、瞬く間に悪夢で終わってしまった。
今年もあと1月余り。来年は昭和でカウントすると昭和87年、あと13年で昭和100年になる。大げ
さに言えばそれまで健全な日本は存在するのだろうか。筆者が考えるテーマにしては重すぎる。(群
馬・SN)
ページトップ