建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


望む「再」と望まぬ「再」(茨城・KM) 2012/01/31
望む「再」と望まぬ「再」
▼人気ファッションブランド「DEVILOCK」が主催する音楽イベント「DEVILOCK N
IGHT THE FINAL」が、2月25、26日の2日間にわたり幕張メッセで開かれる。ここで
HUSKING BEEが7年ぶりに復活。Hi―STANDARDと並んで90年代の日本パンク
シーンを牽引したバンドの1夜限りの再結成に注目が集まっている。
▼「再」と言えば、栃木県栃木市は、昨年2月に閉店した「福田屋百貨店栃木店」を市庁舎として再
利用する方針。延べ床面積は現庁舎の3・5倍にあたる約2万3000?。改修費用は21億円程度で、
新庁舎を建設した場合より44億円ほど安いという。
▼福田屋の閉店発表後、まちの衰退に危機感を感じた栃木商工会議所などは、市役所としての跡地再
利用と一階部分へのスーパー誘致を直ちに市に要望。福田屋も店舗の無償譲渡および敷地の適正価格
譲渡を提案したという。
▼茨城県の水戸駅北口側の衰退は著しい。周辺商店街などは人の流れを取り戻すため、これまでに何
度か市役所の三の丸(旧県庁庁舎)移転を要望してきた。耐震性などの問題からこの話は頓挫したが、
東日本大震災で水戸市の庁舎が被災。くしくも市は旧県庁敷地内に仮設庁舎を建設、ことし1月から
供用を開始した。
▼望んだ形ではないかもしれないが、市役所機能が北口側にきた。これをきっかけに北口側に少しは
人の流れが戻るだろう。しかし仮設はあくまでも仮設だ。この機会を今後どう活かすか、真剣に考え
取り組まなければ、仮設庁舎撤去後、かつての市役所や県庁移転後と同じ結果を繰り返す。(茨城・
KM)
ページトップ