建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


豊かな自然と災害の脅威(東京・HM) 2012/04/28
豊かな自然と災害の脅威
▼今年も我が家にツバメが巣くった。春先の田舎暮らしは楽しい。近所で摘んできたツクシや菜の花
を食べる。草団子づくりにもチャレンジしようと思い、昨年から庭にヨモギも植えた。季節ごとに違
った顔を見せる日本の四季。子どもの頃から、世界でもこれだけ春夏秋冬が違った顔を見せる国は珍
しいと教えられ、それを誇らしく思っていた。
▼一方で、その自然が猛威を奮うことがある。地震、土砂災害、豪雪、火山。これらは表裏一体のも
ので、どちらかだけあるということはない。豊かな自然と災害の脅威。同居するこの2つと折り合い
をつけることが大切だ。
▼例えば豪雪災害。昨年の死亡者は131人、今年は130人(3月29日現在)。被害者は65歳以上
の一人暮らしが多い。まわりに頼める人もいない。かといって屋根に積もった雪も放置できない。そ
の結果の事故。こういった問題に最もスピーディに対応できると考えられているのが、人の手による
「共助」だ。地域コミュニティ、ボランティアによる雪かきなどの取り組みが進められている。
▼ちょっと変わったものでは、新潟県内で地域外の担い手による共助を進めており、そのため雪を知
らない人に対して、カンジキのはき方や歩き方、スノーダンプの使い方などの指導も実施している。
▼東日本大震災以降、こうした共助の取り組みが加速している。人と人の絆、助け合い、少し忘れか
けていたものが災害を契機に再びスポットを浴びている。皮肉なようでもあるが、災害に立ち向かう
強さを持っている日本が生み出した折り合いの付け方。それが日本人の持つ最大の武器である。(東
京・HM)
ページトップ