建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


スマホカーナビの威力(埼玉・HS) 2012/05/31
スマホカーナビの威力
▼S氏は2月からの異動で、埼玉県北部地区の自治体担当となった。長年、県南部に住み、高校・大
学から就職先も東京都内の「埼玉都民」。仕事、買い物など生活の大半を都内ですませて、自宅には
寝に帰るだけの生活。京浜東北線の大宮駅より北側は、未知の世界だった。
▼担当自治体は、県土整備事務所で言うところの行田・熊谷・本庄県土管内。会社から一番近い加須
市役所までは37kmを車で約1時間30分。群馬県境の上里町役場は69km、約2時間20分かかる。移動時
間の調整はなんとかなるが、土地勘の無さをカバーするには、毎回地図を見るかカーナビを利用する
しかないと考えた。
▼S氏はスマホのカーナビ機能を利用する事に。ショップで、アプリの「地図ナビ」を知る。「地図
ナビ」は徒歩と自転車モードも選択できるカーナビで、利用料は月額315円。交差点などの分岐手
前、500mと300m地点で音声案内が流れ、郊外の市役所や主要施設の案内なら問題なく使えた。
▼カーナビといえば、S氏には自家用車のカーナビで苦い経験がある。4年前のそれは、地図データ
の更新作業に多大な労力と時間を要して閉口した。それに比べて「地図ナビ」は、データのアップ
デートサイクルが早い。3月に開通した圏央道高尾山トンネルが約1カ月後には掲載されている。
▼S氏はきょうも、県北部の担当自治体巡りに「地図ナビ」を活用している。当然、電源は車のシ
ガーライターから取るので、長時間の利用も問題ない。ただし、スマホ特有のタッチパネル操作には、
購入後3カ月以上が経過しても慣れず、ミスタッチを繰り返しているらしい。(埼玉・HS)
ページトップ