建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


スポーツの面白さ(茨城・HS) 2012/07/31
スポーツの面白さ
▼テニスで導入されているライン判定システムが、ついにサッカー界でも導入されることになった。
過去、ビデオを見ればどう見てもゴールという?幻のゴール?が何度も生まれた。今回のサッカー欧
州選手権でもその悲劇は生まれた。そしてついに、国際サッカー連盟は正式採用を決めた。
▼「ホークアイ」というこのハイテクシステムは、ゴール裏に設置した6台ものカメラでボールの位
置を特定し、ゴールラインを割ったら1秒以内に審判へ信号を伝える―というもの。12月に日本で開
催されるクラブワールドカップで使用され、問題がなければ2014年のW杯ブラジル大会でも使用
される見込みだという。
▼テニスでは1セット3回までという制限があるが、1点が生死を分けるサッカーでは随時というこ
とになるだろう。問題のシーンが大型スクリーンに再生されれば、攻撃側だったチームのサポーター
は大いに盛り上がるに違いない。
▼このシステムは、あくまでも審判を補助するためのものだ。オフサイドや審判員の見ていないとこ
ろでのファールには適用されず、ゴール判定だけに利用される。サッカーは人間のするスポーツなの
で、裁くのもやはり人間という姿勢は変わらないし、変えるべきでもない。
▼機械を導入する大きな理由の1つに「効率」がある。微妙な判定の時にいちいち時計を止めて詳細
に検証していたら、時間がかかるし興も冷める。行き過ぎた機械化はスポーツの情熱を奪う。かと言
って「審判の誤審もスポーツのうち」と納得するのも難しい。単に「娯楽だから」で片付けず、ここ
までこだわるのがスポーツの面白さなのだ。(茨城・HS)
ページトップ