建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


節電の酷暑を楽しめるか(東京・HM) 2012/08/31
節電の残暑を楽しめるか
▼今年は例年になく残暑が厳しい。最高気温の高さよりも、朝から夕方までずっと暑いのがこたえる。
その上の節電である。建物に入っても冷房がぬるい。省エネ商品が景気を下支えしているという話も
皮肉に聞こえる。実感を伴いながら電力不足の問題を考えるにはいい機会だが、この暑さをどう乗り
切るかも目の前の大きな課題だ。
▼夏の楽しみ。ありきたりだが、よく冷えたビール。普段は素焼きのジョッキを使っているが、この
時期はガラスのタンブラーに替える。素焼きのジョッキは味が柔らかくなるが、暑い日はややとんが
ったままのスキッとしたのどごしがいい。水滴の付いたガラス越しにみる琥珀色も目に涼しい。
▼そのほか思いつくまま夏の楽しみを挙げてみる。アイスクリームにカキ氷。値上げが残念だがウナ
ギもいい。筆者は、毎年夏になるとドジョウ鍋を食べに行くのが恒例。鮎も必ず家で焼いて食べる。
大好物のホヤも夏が旬だ。海水浴やプールも楽しい。祭りに花火、この季節ならではの楽しみは多い。
▼今年6月までの建設業の労働災害発生状況。その数は昨年よりも多い。この暑さが続くと熱中症の
危険性も増え、さらなる増加も心配される。暑さはいつも以上に体力を奪い、集中力を削る。しっか
りとした自己管理が必要だ。
▼それには暑さにただ耐えるだけでは難しい。ある種、楽しんでやろうという積極性が必要だろう。
楽しみながら快適に。それは元気にということである。日々元気でいる、というキーワードでそれぞ
れの夏を楽しむことにチャレンジしてみてはどうだろうか。今年の猛暑はまだまだ続くという予報だ。
(東京・HM)
ページトップ