建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


信州諏訪の花火大会に感動(長野・SK) 2012/09/29
信州諏訪の花火大会に感動
▼毎年全国から50万人もの人を集める、8月の信州諏訪祭湖上花火大会。信州一の諏訪湖周は約16?。
その内1?にも満たないスペースに有料席が設けられ、約3万人が膝を抱える広さで観賞する。
▼早朝5時から開門を待つ人の長蛇の列。高速道は30キロ渋滞。にも拘らず、有料席12万円〜300
0円の前売りチケットが5日で完売する。チケットの売上約6000万円、企業からの協賛金だけで
も約6000万円。たった2時間の花火にこれだけのお金が動くからすごい。
▼花火は4万発が待った無しで打ち上がる。さらに湖まで10歩ぐらいの近いところで見られるからド
迫力だ。ちなみに新潟県長岡市の花火は、1日に1万発2日間で2万発。見物も危ないからとかなり
遠い位置からだ。
▼鑑賞したのは、全国の花火師が競い合う9月の同じ諏訪湖の全国新作花火大会。ドカンという破裂
音とともに次々と勢いよく打ち上がる巨大な花火は、聖なる美しい森の世界へ導いてくれた。花火の
テーマに合せた音楽に、キノコ、アジサイ、100発大スターマインなどが夜空に開花する。白鳥を
テーマにした半円の花火は、湖面に映り円になる、湖でしかできない何とも粋な花火だ。誰もが拍手
喝采しながら歓声を上げる。感激で涙を流す人すらいるのだ。こんな感動、過去にあっただろうか。
▼一人前の花火師になるには、玉貼り3年、星掛け5年ともいわれ、少なくみても10年以上の修行が
必要だとか。建設業の技術者も10年とされるが、造った道路、橋が新たに地図に載り、家には人が集
い、公園には親子が遊ぶ。技術者はこうした背景に次なる意欲が沸いてくる。(SK・長野)
ページトップ