建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


気持ち新たに目標を(山梨・HI) 2017/01/31
気持ち新たに目標を
▼2017年が始まり、どんな1年になるのか、誰もが考えたことだろう。進学や就職など人生の転換期を迎える人もいれば、仕事でスキルアップを意気込む人もいる。1年は長いようであっという間に過ぎ去っていくものだ。目標を立てメリハリのある1年にしたい
▼正月を代表するイベントに書初めがある。新年の抱負や目標を心に刻む大切な機会であり、身を引き締めて物事に取り組んでいく力の根源となる。今年書初めをした人はどれくらいいるのだろうか。目標は文字として視覚化することで、達成に向けた行動を促進させ、ふとした時に初心に戻ることができる。仕事を通して目標の重要性をあらためて実感したものだ
▼「夢の実現には計画が必要で、計画は実行しなければ意味がない。実行しなければ成功はしない。夢なき者には成功はない」ある市長の言葉が耳に残っている。目標を計画的に立て、行動に移すことが必要なのだ
▼建設業界の課題として、担い手の確保や技術継承、社会保険加入などの環境整備が挙げられている。これらに対し、訓練センターの活用や技術講習会、受発注者のコミュニケーション能力向上など改善に向け尽力している。目標を一つずつ達成することで、より良い未来が来ると信じている
▼多くの人が年の終わりに1年を振り返り、年の初めにその気持ちを目標として変換する。書初めとはそんな自分を見つめ直し、今後の指標を定めるもの。小さなことでもコツコツと成し遂げていけば、きっと最後には夢に届くと信じて、その一歩目をまず行動に移していきたい。(山梨・HI)
ページトップ