建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞

2018年度:
2018/10/06 行政 国土交通省 道路局長 池田豊人氏就任インタビュー「財源問題を考える時期」
2018/10/05 行政 国土交通省関東地方整備局 若林伸幸(わかばやしのぶゆき)企画部長インタビュー
2018/10/04 行政 国土交通省関東地方整備局 山本悟司(やまもと・さとし)道路部長インタビュー
2018/10/03 行政 国土交通省関東地方整備局 佐藤寿延(さとうひさのぶ)河川部長インタビュー
2018/10/02 行政 国土交通省関東地方整備局 山本知孝(やまもとともたか)総務部長インタビュー
2018/09/28 行政 国土交通省 港湾局長 下司弘之氏就任インタビュー「海上作業で生産性改善」
2018/09/28 行政 国土交通省 水管理・国土保全局長 塚原浩一氏就任インタビュー「安全度の底上げを」
2018/09/28 行政 国土交通省関東地方整備局 髙橋正史(たかはしまさふみ)用地部長インタビュー
2018/09/27 行政 国土交通省 住宅局長 石田優氏就任インタビュー「業務報酬基準の改正を」
2018/09/27 行政 国土交通省 総合政策局長 栗田卓也氏就任インタビュー「社会資本整備に向き合う」
2018/09/27 行政 国土交通省関東地方整備局 小林正典(こばやしまさのり)建政部長インタビュー
2018/09/26 行政 国土交通省 都市局長 青木由行氏就任インタビュー「付加価値の向上が大切」
2018/09/25 行政 国土交通省関東地方整備局 姫野和弘副局長インタビュー
2018/09/22 行政 国土交通省 大臣官房建設流通政策審議官 北村知久氏インタビュー「発注者と意思疎通を」
2018/09/14 行政 国土交通省 土地・建設産業局長 野村正史氏就任インタビュー「建設業法改正目指す」
2018/09/11 行政 国土交通省 国土交通審議官 由木文彦氏就任インタビュー「前提を考え直す必要ある」
2018/09/06 行政 国土交通省 大臣官房技術調査課長 岡村次郎氏就任インタビュー「活気ある建設業界に」
2018/08/28 行政 国土交通省 建設市場整備課長 小笠原憲一氏就任インタビュー「技能者に明るい未来を」
2018/08/25 行政 国土交通省 技監・菊地身智雄氏就任インタビュー「地域経済支えるインフラ整備を」
2018/08/24 行政 国土交通省 事務次官・森昌文氏就任インタビュー「持続的・安定的な予算を」
2018/08/22 団体 (財)建設業振興基金 建設業振興基金 中村貴志氏就任インタビュー「若い人が入る産業に」
2018/07/31 行政 国土交通省 建設業課長 髙橋謙司氏就任インタビュー「将来の布石が重要」
2018/07/20 団体 (財)建設業振興基金 佐々木基理事長就任インタビュー「接点の役割で発展に寄与」
2018/07/13 行政 国土交通省 大臣官房地方課長 久保田誉氏就任インタビュー「公正な入札契約を広める」
2018/07/10 団体 (社)日本建設業連合会 武澤恭司・海洋開発委員長 新委員長インタビュー「洋上風力発電事業化などに力点」
2018/07/02 団体 (社)日本建築士事務所協会連合会 日事連・佐々木宏幸会長インタビュー「業務環境改善に全力」
2018/06/18 民間 (独)都市再生機構 関口律東京東・千葉地域本部長 UR都市機構就任インタビュー「少子高齢化に対応していきたい」
2018/06/08 団体 (社)全国建設業協会 全建・近藤会長インタビュー
2018/05/14 民間 (独)都市再生機構 堀井伸也都市再生部長 UR都市機構就任インタビュー「共通言語」が必要
2018/05/11 民間 (独)都市再生機構 大森直樹海外展開支援室長 UR都市機構就任インタビュー「法案通れば素早く対応」
2018/04/24 行政 国土交通省 大臣官房官庁営繕部長 住田浩典氏就任インタビュー「公共建築の水先案内人に」
2018/01/06 行政 国土交通省 石井啓一大臣新春インタビュー「生産性革命は「深化の年」に」

(社)日本建築士事務所協会連合会 日事連・佐々木宏幸会長インタビュー「業務環境改善に全力」 2018/07/02
 6月26日に行われた定時総会で日本建築士事務所協会連合会(日事連)の新会長に就任した佐々木宏幸氏(栃木県建築士事務所協会会長、AIS総合設計代表取締役社長)は、全国の建築士事務所のために協会運営を行う必要があるとの考えを示す。佐々木新会長に今後の運営方針や課題などを聞いた。

 ―協会の運営方針や重点課題について
 佐々木 第一に各会員の健全な運営を支援すること。さらに働き方改革など建設業界はまさに転換期にあり、BIMなどの新しい技術の中でわれわれの業環境が変わってきている。加えて人口減少などでストックの時代に対応していく必要がある。建築士事務所の業の団体として日事連があるので、建築設計業の在り方や従来の姿、生産性の向上や人材確保そして報酬の引き上げなど業務環境を改善していくことを全国の建築士事務所のために行っていきたい。建築士あるいは建築士事務所ができないこと、手が出ないところを団体活動で手助けする。常に建築の質の向上が目的で建築士のために常に動く団体だと考えている。

 ―働き方改革について
 佐々木 3年前から業務環境改善ワーキンググループを発足して業務環境の改善に取り組んできた。その中において2020年に向けてロードマップを作成していく。ただし日事連から働き方改革を押し付けるものではない。ワーク・ライフ・バランスを実現するための行動計画として一つの指針にしてもらいたい。

 ―BIMの今後の取り組みについて
 佐々木 BIMの広がりは予想より遅いのではないのか。なんらかの方法で普及を促進していかなければならない。BIMで全て連動できるのかというところを考えていかないと100%の普及とならないのではないか。そうした議論を行う場としてワーキンググループを立ち上げ1年ぐらいでまとめたい。BIMは事前に出来上がりを見ることができるし、熱や風などの環境も分かるので普及した方が消費者にとっては明らかにメリットがある。

 ―新設される法制度対応特別委員会と災害対策委員会の役割は
 佐々木 災害が起こった後に特別委員会がいろいろと決めていたが、災害に対して常に考えておく必要があると考え、災害対策委員会を立ち上げた。また法制度対応委員会では建築関係の法律以外にも常に改正されていく法に対して日事連としてどう向き合えばいいかを考えていく。

 ―建築士資格制度改正の要望を設計3会で共同提案したが
 佐々木 議員立法で通ったからといってすぐに試験に取り入れられるわけではない。一刻も早く制度改正を進めてもらいたい。

 ―地方の建築士事務所について
 佐々木 東京の場合はオリンピックまで建設ラッシュだが地方はそうはいかない。仕事が一極集中しているし、東京と地方では考え方や仕事の進め方が違う。地方の苦しい事情は分かっている。国土交通省の委員会などで地方の事情を取り入れてもらいたい。会長として活動する中で地方というものを真剣に考えて進めていくことができると考えている。

 ―関係団体へのメッセージを
 佐々木 建築を扱っている5会は全て立場が違うが、その中で各会が情報共有して考え方をぶつけ合うことが必要。特に設計3会は情報を密に共有していく必要がある。今までは何かあると集まって話をしていたが、今後は定期的に話し合いを行い、考え方や問題点をぶつけ合っていくことを提案したい。

【略歴】ささき・ひろゆき
 1992年3月東京電機大学工学部建築学科卒。同年、新井設計(現AIS総合設計)入社。96年代表取締役社長に就任。2012年栃木県建築士事務所協会会長、16年から日事連副会長を経て6月の総会で会長に就任。57年生まれ。千葉県出身。
ページトップ