建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞

2018年度:
2018/10/06 行政 国土交通省 道路局長 池田豊人氏就任インタビュー「財源問題を考える時期」
2018/10/05 行政 国土交通省関東地方整備局 若林伸幸(わかばやしのぶゆき)企画部長インタビュー
2018/10/04 行政 国土交通省関東地方整備局 山本悟司(やまもと・さとし)道路部長インタビュー
2018/10/03 行政 国土交通省関東地方整備局 佐藤寿延(さとうひさのぶ)河川部長インタビュー
2018/10/02 行政 国土交通省関東地方整備局 山本知孝(やまもとともたか)総務部長インタビュー
2018/09/28 行政 国土交通省 港湾局長 下司弘之氏就任インタビュー「海上作業で生産性改善」
2018/09/28 行政 国土交通省 水管理・国土保全局長 塚原浩一氏就任インタビュー「安全度の底上げを」
2018/09/28 行政 国土交通省関東地方整備局 髙橋正史(たかはしまさふみ)用地部長インタビュー
2018/09/27 行政 国土交通省 住宅局長 石田優氏就任インタビュー「業務報酬基準の改正を」
2018/09/27 行政 国土交通省 総合政策局長 栗田卓也氏就任インタビュー「社会資本整備に向き合う」
2018/09/27 行政 国土交通省関東地方整備局 小林正典(こばやしまさのり)建政部長インタビュー
2018/09/26 行政 国土交通省 都市局長 青木由行氏就任インタビュー「付加価値の向上が大切」
2018/09/25 行政 国土交通省関東地方整備局 姫野和弘副局長インタビュー
2018/09/22 行政 国土交通省 大臣官房建設流通政策審議官 北村知久氏インタビュー「発注者と意思疎通を」
2018/09/14 行政 国土交通省 土地・建設産業局長 野村正史氏就任インタビュー「建設業法改正目指す」
2018/09/11 行政 国土交通省 国土交通審議官 由木文彦氏就任インタビュー「前提を考え直す必要ある」
2018/09/06 行政 国土交通省 大臣官房技術調査課長 岡村次郎氏就任インタビュー「活気ある建設業界に」
2018/08/28 行政 国土交通省 建設市場整備課長 小笠原憲一氏就任インタビュー「技能者に明るい未来を」
2018/08/25 行政 国土交通省 技監・菊地身智雄氏就任インタビュー「地域経済支えるインフラ整備を」
2018/08/24 行政 国土交通省 事務次官・森昌文氏就任インタビュー「持続的・安定的な予算を」
2018/08/22 団体 (財)建設業振興基金 建設業振興基金 中村貴志氏就任インタビュー「若い人が入る産業に」
2018/07/31 行政 国土交通省 建設業課長 髙橋謙司氏就任インタビュー「将来の布石が重要」
2018/07/20 団体 (財)建設業振興基金 佐々木基理事長就任インタビュー「接点の役割で発展に寄与」
2018/07/13 行政 国土交通省 大臣官房地方課長 久保田誉氏就任インタビュー「公正な入札契約を広める」
2018/07/10 団体 (社)日本建設業連合会 武澤恭司・海洋開発委員長 新委員長インタビュー「洋上風力発電事業化などに力点」
2018/07/02 団体 (社)日本建築士事務所協会連合会 日事連・佐々木宏幸会長インタビュー「業務環境改善に全力」
2018/06/18 民間 (独)都市再生機構 関口律東京東・千葉地域本部長 UR都市機構就任インタビュー「少子高齢化に対応していきたい」
2018/06/08 団体 (社)全国建設業協会 全建・近藤会長インタビュー
2018/05/14 民間 (独)都市再生機構 堀井伸也都市再生部長 UR都市機構就任インタビュー「共通言語」が必要
2018/05/11 民間 (独)都市再生機構 大森直樹海外展開支援室長 UR都市機構就任インタビュー「法案通れば素早く対応」
2018/04/24 行政 国土交通省 大臣官房官庁営繕部長 住田浩典氏就任インタビュー「公共建築の水先案内人に」
2018/01/06 行政 国土交通省 石井啓一大臣新春インタビュー「生産性革命は「深化の年」に」

国土交通省関東地方整備局 佐藤寿延(さとうひさのぶ)河川部長インタビュー 2018/10/03
 関東地方整備局の佐藤寿延河川部長は就任インタビューで「八ツ場ダムはゴールが見えてきておりうまく仕上げたい。次の大プロジェクトとして荒川調節池などの整備があり、着々と進めるための道筋をつけていきたい」と意欲を示した。
 直近10年は本省に在籍し「関東整備局はほぼ10年ぶりの勤務」とした上で「首都圏を抱えており治水対策の万全の備えに力を尽くす」と述べた。ハード整備に関して、手法の一つに高規格堤防があるが「国民に高いレベルの安全性を提供できるものだが、事業の進め方が大事になってくる」とし「長い目で見て進めていく事業」と認識している。
 河川は降雨から被害発生までリードタイムがある。被害が起こらないよう「その時間をどのように使っていくか」と捉えている。また「ハード政策は作ったときから効果が出るがソフト政策はきちんと理解されてから効果が出るもの」とし「リスクコミュニケーション(危機の情報共有)を大切にしていきたい」という。
 水管理・国土保全局河川環境課河川保全企画室長の担当時に『命を守る水害読本』(毎日新聞出版)の執筆に携わった。地方自治体の防災担当者へ向けた住民目線での水害対策について、ソフト面の対策を中心に分かりやすい内容に仕上げた。
 2009年から4年間にわたって担当した河川局防災課防災調整官時代が思い出に残る。当時は東日本大震災や紀伊半島大水害、笹子トンネルなどの大きな災害・事故が多数発生し「危機管理に関わったことは印象深くインフラの役割を伝えることは重要で大事な時期だった」と振り返る。
 「与えられた局面でしっかりと頑張る」ことをモットーとしている。

【略歴】
 1991年京都大学大学院工学研究科修了、同年建設省入省。湯西川ダム工事事務所長、総合政策局公共事業企画調整課事業総括調整官、水管理・国土保全局河川計画課河川情報企画室長などを経て7月31日より現職。兵庫県出身、53歳。趣味はランニングだったが、昨年病気となったこともあり、新しい趣味を探している。
ページトップ