建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者(社)新潟県建設業協会
見出し若手技術者対象に現場見学&技術講習会  
掲載 2017年10月12日新潟建設新聞  
本文

 新潟県建設業協会は、若手技術者を対象に工事現場見学・技術向上研修会を開いた。上・中・下越の3会場で39歳以下の若手技術者61人が参加。座学や現場見学を通じ、技術や技能、現場管理能力の向上を図った。現場見学会・技術研修会は新潟県の建設産業マンパワーアップ総合支援事業を活用して開かれており、ことしで4回目。
 5日に開かれた下越会場では、管理能力アップ研修として㈱クロズテックの黒図茂雄氏よりi-Constructionや技術提案に求められる創意工夫の講義が行われたほか、廣瀨が施工する天野河川防災ステーション整備工事と福田組の同工事その2工事の現場を見学した。
 若手技術者に対し、黒図氏は、「ICT土工が本格化している。若い力でいろいろ試してほしい」としたほか、その2工事の現場代理人を務める福田組の大塚洋一氏は、現場管理や工事での留意点として「コミュニケーションと、整理整頓、工事の最終形・完成形をイメージした段取りが重要で、正直で親切な施工が極めて大切」と伝えた。
 研修会に参加した廣瀨の入社2年目、土橋凌氏は「この前、初めての現場が終わったが、分からないことばかりで、うまく動けなかった。次の現場では、しっかり経験を活かしたい」と語った。
【写真=管理能力向上へ現場見学】

ページトップ